すっかり暖かくなりましたね!!
皆様お待ちかね(?)オーダーメイド談義のコーナーです!!

今回のゲストは2回目のご登場、遠藤仁さんです!前回のゲスト、遠藤智さんとは何と実のご兄弟でございます!
トラディショナルなスタイルのオーダーベースを2本お持ち頂きました。
早速行ってみましょう!


スタッフ(以下S)「こんにちは。今日は宜しくお願いします。2回目のご登場となりますが、今回も色々お話をお伺いさせて頂きますね。」

遠藤仁さん(以下遠)「宜しくお願いします。」

S「今日お持ち頂いたのは2本ともジャズベーススタイルですね。」

遠「ですね。やはりジャズベに戻ってきてしまったと言う感じですね(笑)」

S「それではまず、こちらのバーガンディミストカラーのベースについてからお伺いさせて頂きます。こちらをオーダーされたきっかけをお聞かせいただけますか?」

遠「まず色からです。このバーガンディミストってカラーがすごくいい色だなと思っていて、この色のベースが欲しいなーとは思っていたんです。いざ作るとなるとこの色だったらジャズベでしょって事で(笑)。」

S「(笑)では拘りポイントをお伺いできますか?」

遠「マッチングヘッドは外せませんね。後は調整のやり易さを考えて、ホイールナットを採用してます。ネック周りにも拘りがあって、なるべく弦高を低く設定する為に指板RをESPハリバットと同じRにしました。それからヘッドになるべく重心がかからないようにオールドスタイルのペグではなく、軽量なペグにしました。でも基本はトラディショナルなジャズベスタイルですのでアクティブのプリアンプは入っていません。PUはリンディフレーリンです。」

S「ボディ材はアルダーですか?」

遠「そうです。例によって1Pアルダーですね。指板はホンジュラスローズです。材の選定は信頼してますのでお任せしました。」

S「塗装はもちろんオールラッカー?」

遠「ですね。もうすでに一部、塗装が剥がれてしまっているところがあるんですが、そこを見ると塗装がメチャメチャ薄いのが分かります!」

S「すごい!本当ですね!時間が経つと更にいい味になるでしょうねぇ。」

遠「でしょうね。楽しみです!」

S「実際に完成した時はどう感じられましたか?」

遠「予想以上の良い出来でした!音も幅広く使える感じなので、どうにでも出来るなと。ジャンルを問わずに使えるベースだと思います。」

S「ありがとうございます。では続きまして、サンバーストカラーのベースについてお伺いいたします。こちらをオーダーされたきっかけをお伺いできますか?」

遠「これは完全にゲディー・リー(Rushのベーシスト)からの影響です(笑)。何も言う事は無いです!(笑)。」

S「イヤイヤ(笑)。そう仰らずに拘りポイントをお伺いできますか?」

遠「いわゆる70年代のジャズベーススタイルを基本にしていますので、ボディ材はホワイトアッシュですね。まあ重いです(笑)。これも前回と一緒でホイールナットを採用していて、ネック周りも合わせた感じになっています。あと鉄板のバダスベースブリッジ!これもアクティブサーキットは入っていなくて完全パッシブです。PUも同じくリンディフレーリンですね。」

S「ブロックポジションマークも印象的ですね。」

遠「これはベタに白で行こうかなとも思ったんですが、あえて黒で。結果非常に引き締まったルックスになりましたね。それから色なんですが、いわゆる70年代のジャズベースっぽいペタっとしたサンバーストにする予定だったのですが、塗装確認時に見せて頂いたらすごく綺麗に仕上がっちゃってて(笑)。折角なんでこのまま行こう!と(笑)。」

S「そんな経緯があったんですね(笑)。それでは完成してみていかがでしたか?」

遠「重い!(笑)まあボディ材がホワイトアッシュなんで当然なんですけどね。音はバキっとして非常に立ち上がりが早く、シビアです。あまりオールマイティではなくピンポイントで使えるベースですね。難しい、ある意味玄人向けなんだと思います(笑)。」

S「それでは最後に、今オーダーをお考えの方にアドバイス等をお願いできますでしょうか。」

遠「その辺は前回を参照して頂き(笑)。まあ成せば成る!って事でしょうか。(笑)あまりコレっ!て決めつけずに色々お店にサンプルになる楽器が沢山あるので触らせてもらって参考にするのが一番かと思います。」

S「今日はお忙しいところ有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。」

遠「宜しくお願いします。」