こんにちは!すっかり春の陽気ですね!
新年度もテクニカルハウスは変わらず元気にいきますよー!!

さて、オーダーメイド談義です!今回のゲストは2回目のご登場、遠藤智さんです!これぞオーダーならではのギターを2本お持ち頂きました!
それでは早速行ってみましょう!


スタッフ(以下S)「こんにちは。今日はお忙しい所ありがとうございます!例によってお持ち頂いたギターについてこれからお話しをお伺いさせて頂きますので宜しくお願いします。」

遠藤智さん(以下遠)「宜しくお願いします。」

S「まずはリバースのジャガーシェイプについてお伺いさせて頂きます。こちらをオーダーされたきっかけをお伺いできますか?」

遠「きっかけは好きなギタリストからの影響です(笑)。そのギタリストはINORANさんなんですけど、一時期左用のジャガーを右で使っていたのを見てカッコイイなと思って。そこから自分なりの拘りを入れてみたいなと思いオーダーしました。」

S「なるほど。ではその拘りのポイントをお聞かせ頂けますか?」

遠「まずPUにダンカンのP-Rails(SHPR-1)を2つ載せて、正面から見て左にあるコンパネのスライドスイッチで色んな音のバリエーションが出るようにしています。(写真参照)本来マスターボリュームとトーンが付いているコンパネにはノブを着けていません。着けてしまうと右腕にあたって邪魔なので。ボリュームとトーンは正面から見て右側のコンパネに着いているジャガーの本来フロントプリセットボリュームとトーンになっているノブで調整します。おかげでかなり使い易くなりました(笑)。」

S「色も個性的ですよね。」

遠「そうですね。最初はメタリックブルーにしようと思っていたのですが、製作途中でどうせならこのギターに自分の好きなデザインを入れてみてはどうだろうと思いまして。実寸の図面に書き込んで色々やってみて最終的にこの感じになりました。」

S「ボディ材はアルダーですか?」

遠「そうですね、1Pアルダーです。低音が弱くならない様にしたかったので重量が重い物を選びました。指板はハカランダです。もう全然無いらしいですね(笑)。あとヘッドは某メーカーからアイディアを頂いた(笑)オリジナルです。」

S「ちなみにリバースシェイプですがハイフレットの演奏性はいかがですか?」

遠「ボルトオンですが、ジョイント部分にハイフレットが弾き難くならないように段差をつけたり等の工夫をしています。おかげで17F辺りまではストレス無く弾く事が出来ますね。」

S「完成してみていかがでしたでしょうか?」

遠「リバースシェイプで見た目は変わった感じなのですが、自分の持っているギターの中で一番オールジャンル使える万能なギターなんじゃないかと思います。P-Railsはチョッと冒険だったのですが思ってたよりずっと良い感じでした。」

S「続きましてこちらのメイプル指板のジャズマスタータイプについてお伺いさせて頂きます。こちらをオーダーされたきっかけをお伺いできますか?」

遠「これもきっかけは前述の某ギタリストの影響です(笑)。これは先ほどお話ししたリバースジャガータイプの後に製作したのですが、某ギタリストがジャズマスターを使い始めた頃に見てとっても興味が湧いてきたんですね。今巷でジャズマスターが流行っていると言う話しを聞きますが、決して流行りにのっかった訳ではないんです(笑)。」

S「それではこのギターの拘りポイントを教えて頂けますか?」

遠「基本スタイルはいたって普通のジャズマスターです。ボディ材はアルダーなのですがこのギターは1Pではなく敢えて2Pにしています。指板に関しては最初メイプルにするつもりではなかったのですが、たまたまバーズアイの良いヤツが見つかりまして(笑)。バーズアイメイプル指板を使うなら前から憧れていた、黒ブロックポジで黒バインディングにしよう!と思い、この仕様になりました。パーツ類なんかも使い易さを考えて選んでいて、ブリッジはMastery Bridgeです。コレがかなり良いです!ノーマルのブリッジにありがちなペケペケした感じが良い具合に無くなってると思います。併せて定番ですがバズストップバーも着けました。」

S「PUは何が載っているのでしょうか?」

遠「ダンカンのANTIQUITY for Jazzmasterです。」

S「色も良いですねー。」

遠「ですね。これはエリック・クラプトンのストラトの色(ピューター)をみて拝借しました(笑)。オールラッカーフィニッシュです。」

S「完成してみていかがでしたでしょうか?」

遠「今まで色々ギターを所有してきましたが、実はこのギターが初のメイプル指板のギターなんですね。メイプル指板の影響だけではないんでしょうけど、音の立ち上がりが非常に早くて弾くのがメチャメチャ難しい(笑)。いい歳してちゃんとギター練習しなきゃと思わされたギターです(笑)。」

S「それでは最後に今オーダーをお考えの方にアドバイス等ございましたらお願いします。」

遠「ESPさんは本当なんでもやってくれるなーとリバースジャガータイプを作ってもらった時に改めて感じましたねー。仕様でも色でも何かやりたい事があるのでしたら、とにかく店で店員さんに話しかけることですかね。遠慮せずバンバン言っちゃって良いと思います(笑)。基本的にスタッフの皆さんはフレンドリーですから。店にあるギターも言えば触らせてくれますし、ESPのギターは高い楽器だからと敬遠せず手にとって見ると良さが分かるんじゃないでしょうか。」

S「ありがとうございます。色々良いお話をお伺いできました。今後とも宜しくお願い致します。」

遠「有難うございました。」