今年はガンガン行きます!!オーダー談義!

今回は初の女性ゲスト!ご自身のバンド「Grace Ash」でご活躍中の嶺音(れおん)さんです!!
女性ならではの貴重なご意見を頂きました!それでは早速言ってみましょう


Grace Ash オフィシャルサイト → http://graceash.com/

スタッフ(以下S)「こんにちは。今日はお忙しい所ありがとうございます。これから今日お持ちいただきました2本のギターについてお話をお伺いさせていただきたいと思いますので、宜しくお願いします。」

嶺音さん(以下嶺)「よろしくおねがいします。」

S「ではまず、こちらのフレイムメイプルトップのオーダーギターに関してお伺いさせていただきます。このギターをオーダーされたきっかけを教えて頂けますか?」

嶺「はい。このギターをオーダーする前はESPさんのFOREST-GTを使っていたんです。しばらく使っていたんですが、そのうちもっと太い音が出ないかなーと考えるようになってきたんです。レスポールを使っている人の音が太くていい音だなと思ってきたんですね。でも見た目はFOREST-GTが好きだったんですがそういうのは売ってないし。それでオーダーでお願いすることにしました。」

S「このギターのこだわりポイントを教えて頂けますか?」

嶺「そうですねぇ。ボディはFOREST-GTなんですが、ヘッドは折角のオーダーなんでオリジナルにしました。レスポール的な音にしたかったので相談したところ、ボディ材の構成をレスポールと同じくメイプルトップのマホガニーバックにすることにしました。でもアームは使いたかったのでフロイドローズを付けて。あと男の人と比べて手が小さいので、細みなネックにしてもらいました。それからポジションマークのドットの位置がが途中から変わってます。(6弦寄り〜中央に)12F以降は6・5弦辺りは殆ど弾かないので。」

S「フレット数が27Fですね?」

嶺「そうです。これはお店でキコ・ルーレイロさんのギターをみて良いなと思って。」

S「色が独特で赤というか紫というか・・・」

嶺「普通の赤では面白くないなと思ってて。若干紫の入った色を狙ってサンプルを作ったり調整をしながらこの色が出来ました。」

S「なるほど。実際に完成してみていかがでしたか?」

嶺「なんだろな・・・(笑)。はーーーって感じ(笑)。音も凄く良いし、弾き心地もバツグンだし。色もバッチリだし。いい感じになりました。」

S「ありがとうございます(笑)。それでは次に赤いANTEROPEシェイプのギターについてお伺いさせていただきます。こちらをオーダーされたきっかけは何ですか?」

嶺「1本目が出来て使っているうちにサブギター的に使えるものがあったらいいなーと思い始めてたんですね。どうせなら同じものでなく、1本目よりレスポールの音に近づけたギターにしようと。形はANTELOPEが出始めたころパッと見て良いなと思ったんでその形でお願いすることにしました。」

S「こだわりポイントを教えて頂けますか?」

嶺「よりレスポール的な音にしたかったのでブリッジをTOMにしてもらって。スケールも前のギターはロングスケールだったんですが、このギターはミディアムスケールです。ポジションマークは1本目と同じように途中から真ん中になるようにしてるんですが、若干見づらい時もあったので少し大きめにしてもらってます。ネックの握りは前のギターと合わせてもらいました。」

S「よく見ると22F仕様なんですね。」

嶺「そうなんです。でもフロントPUは見た目の関係で斜めになっていると言う。あっ、あと指板が何故かハカランダ(笑)。」

S「(笑)よりレスポールっぽいところを狙ったからでしょうね。エボニーと比べ温かみのある音になりますからね。それでは完成してみていかがでしたか?」

嶺「1本目と同じくとっても弾きやすいです。音も狙ったとおり1本目よりレスポールに近い感じになりました。もう吊るしのギターは弾けないです(笑)。」

S「それでは最後にオーダーを考えている方にアドバイス等をお願いします。女性プレイヤーに向けてアドバイスも是非!」

嶺「私と同じ女性のギタリストは手が小さくて悩んでいる人も多いと思うんですよね。オーダーだと自分の手に合わせた握りにしてくれますしストレスも無くなるんじゃないかと。あと女性は特に見た目を気にするんじゃないかなと。好きな形、色に出来るオーダーは女性ならではのこだわりを入れられますよね。どうせなら好きな見た目のギターを弾いたほうが楽しいだろうし。」

S「なるほど。貴重なご意見ありがとうございます。それでは今日はお時間を頂きありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。」

嶺「こちらこそ、宜しくお願いします。」