大変ご無沙汰しております!
更新が遅くなってしまい大変申し訳ございません(汗)

久々のオーダーメイド談義、今回のゲストはHIZUKIさんのご登場です!!
インパクトあるルックスのオーダーギターを2本、お持ちいただきました!

それでは早速行ってみましょう!!


スタッフ(以下S)「こんにちは。今日はお忙しいところオーダーメイド談義にご協力いただきありがとうございます!これからお持ち頂いたギターに関してお話をお伺いさせていただきますので、宜しくお願いします。」

HIZUKIさん(以下H)「宜しくお願いします。」

S「それではまず、こちらの鮮やかなグリーンのモッキンバードスタイルのギターに関してお伺いさせていただきます。このギターをオーダーされたきっかけは何ですか?」

H「そうですね。まず自分の場合、オリジナルギターって言うのに憧れがありまして。実力は伴ってないんですけど(笑)。形はモッキンバードが昔から好きだったんですね。ただヘッドの形はストラトのような6連のペグ配列のヘッドがいいなーとは漠然と考えていたんですね。お店に伺ったときにたまたま先輩がオーダーしているのを見かけまして、ギターを弾くのが楽しくなってきた頃だったので、自分も思い切ってお願いすることにしたんです。」

S「なるほど。それではこのギターのこだわりポイントを教えていただいて宜しいですか?」

H「まず形はモッキンバードなんですけど、ストラトタイプのような音にしたかったのでボディはアルダーを選びました。ヘッドは先程も言ったとおり6連のオリジナルヘッドシェイプで。ストラトを意識してナットからペグまでストレートになるように設計してもらいました。あとはフロントのPUはハムバッカーに見えて実はシングルなんです。ダミーのシングルPUを隣に並べています。ルックス的にはハムバッカーが良かったんですが、音はシングルの音が良かったので相談したらこんな感じはどう?って提案していただいて、この感じになりました。フレット数は高い音がほしかったので24Fになっています。」

S「色も独特ですよね。」

H「そうですね。色に関しては元々緑色が好きって言うのはあったんですけど、実際に塗装をしてもらう時に確認をしながらやってもらって。最終的にこの色になりました。」

S「ネックの握りなんかはどういった感じですか?」

H「お店で色々ギターを触らせていただいて、その中で気に入ったものを選びました。ネックサイドのポジションマークは暗い所で光る素材(ルミンレイ)にしてもらってます。あとはボリュームをフロントPUとリアPUと分けていてスイッチング奏法をしたり、音量のバランスをとったり出来るようにしています。」

S「このギターが完成してみていかfがでしたか?」

H「もう感無量って感じで(笑)。見た目、弾き心地供に想像以上でした。まるで自分の子供が出来たような(笑)、そんな感じでしたね。」

S「ありがとうございます。それでは次にこのシルバーラメのモッキンバードに関してお話をお伺いさせていただきます。こちらのギターのオーダーされたきっかけを教えていただけますか?」

H「前のギターもストラトっぽい音を狙って作ってもらったんですが、フレット数が24Fだったり、リアのPUがハムバッカーだったりしたので、このギターはよりストラトに近いギターにしたくてオーダーすることにしました。」

S「ごのギターのこだわりを教えていただいて宜しいですか?」

H「とにかく一本目よりストラトに近づけたかったので、相談をしたところピックガードを付けてみてはどうかと提案して頂きました。ピックガードからPUを吊るす仕様にすることでストラトの音の感じにより近くなると言うことで、それを採用することにしました。ピックガードの形はオリジナルです。実寸大の図面に直接エンピツで書いてデザインしました。それからフレット数を21フレットにしています。1本目は24FにしたのでフロントPUがストラトと比べて少々ブリッジよりになっていたので、このギターはストラトに近づけるため21Fにしています。PUはフェンダーのFAT50`s STRATでブリッジもストラトのシンクロブリッジが付いていますし、コントロール類もストラトと一緒にしてます。」

S「形はモッキンですけどストラトですね(笑)」

H「そうなんです(笑)。違うところといえばネックジョイントがヒールカット(スターカット)されている事でしょうか。これはやはりハイフレットを弾き易くしたかったので。」

S「色はラメなんですね。」

H「そうなんです(笑)。中身はストラトなんですが色はハデに(笑)。」

S「ではこのギターが完成してみていかがでしたか?」

H「一言、素晴らしい!!しっかり狙った通りストラトの感じに仕上がりました。2本目は1本目とは違った感動がありましたねー。」

S「それでは最後に、今オーダーをお考えの方にアドバイス等がありましたらお願い致します。」

H「人生一回しかないですから(笑)。どうせなら人と同じものではなく自分だけのオリジナルギターで演奏したほうが楽しめるんじゃないかなと。自分が思った以上に素晴らしいものになると思います。スタッフの方も親切に対応してくれるので、オーダーに興味があれば見積もりをしてみる良いと思います。自分はこのギターでプロ目指しますよ!!」

S「今日はお忙しい所、ありがとうございました!!今後ともよろしくお願いします。」

H「よろしくお願いします!」