もうすっかり暖かくなりましたね!!皆様以下がお過ごしでしょうか??
テク二カルハウスは変わらず元気に、営業しております!!

さて、オーダーメイド談議今回のゲストは金子さんのご登場です!!
ホットなオーダーギターを2本お持ちいただきました。早速行ってみましょう!!


スタッフ(以下S)「こんにちは!今日はオーダーメイド談議ご登場有難うございます。例によってこれからオーダーされたギターに関しましてお話をお伺いさせて頂きますので宜しくお願い致します。」

金子さん(以下金)「宜しくお願いします。」

S「それでは始めにこちら(ブラウンのギター)に関してお伺いさせていただきます。こちらをオーダーされたきっかけを教えていただけますか?」

金「このギターをオーダーする前に、しばらくギターから遠ざかっていたんです。それでギターを弾き始めるのを再開しようと思った時、どんなギターを持てばいいか考えてみたんです。ギターをまた弾き始めるにあたり、弾きたい曲がいくつかあったんですね。市販品を色々見て回ったのですが、ここは良いんだけどここがちょっとなーなんて感じで。それならオーダーで作っていただいた方が自分の納得できるギターが出来るだろうと思ったのがきっかけですね。」

S「なるほど。それでは拘りポイントをお伺いして宜しいですか?」

金「まずはボディ材に市販品ではあまり使われないウォルナットを使っているところですね。これは高域をマイルドにしたい為に採用しました。マホガニーと迷ったのですがナチュラルカラーにした際のルックスの良さでウォルナットに決めました。それからコレも高域をマイルドにしたい為なのですがフレットを#213にして丸く仕上げてもらっています。後はハイフレットのアクセスを容易にするためにカッタウェイを通常のギターよりも深めにとっています。」

S「PUは何を搭載されていますか?」

金「フロントとリア共にSuhrのAldrichがのっています。ギラつき過ぎないハイがちょうど良いです。ピックガードが付いていますが、コレはボディトップと弦の距離をなるべく近くする為です。」

S「指板がバーズアイメイプルですがエスカッションもバーズアイなんですね。」

金「それは遊び心で(笑)後通常ヘッド角度無しのネックだとヘッドにバインディングが巻いてあるギターは少ないのですが、このギターは敢えて巻いています。後で伺ったら、技術的に難しいらしいですね。」

S「それでは完成してみていかがでしたでしょうか?」

金「狙ったとおり温かみのある音になって大満足です。倍音が良く出て想像以上に音が太かったです。弾き心地はハイポジもストレス無く弾けますし、非常に良いです。左手だけでなく右手も弾き易いなーと感じました。ルックスも◎!イメージどおりでした。」

S「有難うございます。それでは続きましてホワイトのストラトに関してお伺いさせていただきます。こちらをオーダーされたきっかけを教えていただけますか?」

金「これはイングヴェイに挑戦してみたかったので(笑)それならストラトじゃないとという事になりまして。ただ弾き易さを前のブラウンのギターに合わせたかったのでオーダーでお願いする事にしました。」

S「では拘りポイントをお伺いできますか?」

金「まずボディ材にマホガニーを使っているところですね。通常のストラトでは使われない材ではあるのですが、前のギターと同じくハイが出過ぎないように敢えてマホガニーをボディ材に使用しました。ただストラト特有の立ち上がりの良さは失われないように材を選びました。
ネックジョイント部は通常の4点止めではなく、スターカットにしました。ハイフレットの弾き心地を優先した為ですね。フレットも前回のギターと同じ理由で#213にしました。PUはフェンダーのFAT'50sです。出力の高いPUでは無く、枯れた感じを出したかったので。後は比較的オーソドックスなストラトですね。後はPGがアクリルの下にウォルナットを敷いている特注の物になります。杢目調の質感が欲しかったんですね。」


S「完成してみていかがでしたか?」

金「マホガニーボディにした事でストラトにしては中低域が良く出ます。ただ音の立ち上がりはシャープなんです。1本目と比べてカッタウェイが浅い分ハイフレットが少し弾きづらいんですが、この辺は馴れかなと思います(笑)。弾き心地も抜群ですね。」

S「有難うございます。それでは最後に今オーダーをお考えの方にメッセージやアドバイス等があればお願い致します。」

金「自分がオーダーを考えていた時に正直言いますと、オーダーメイドを受け付けている他のメーカーさんにも話を聞いてみたんです。ESPさんでオーダーすることに決めたのは、とにかく選択肢が多く一番融通が効いたからなんですね。材やパーツ、ネックやボディのシェイプ、カラーリングもそうですし痒い所に手が届くと言いますか。なのでしっかり自分の理想を伝えれば音もルックスも自分好みのギターに仕上げてくれます。あと比較的シンプルな仕様であれば、巷の高級ギターと比べてもそれほど金額は高くはないですね。ESPはアフターサービスも良いし、一度オーダーメイドギターを持つと、吊るしのギターは持てなくなりますね(笑)。」

S「今日はお忙しい所、お時間を割いていただき有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。」

金「こちらこそ宜しくお願いします。」