寒い日が続いてますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
ご好評いただいております、オーダー談義は変わらずホットにいきますよー!

さあ今回のゲストは、山内さんです!拘り満載のベースを2本、更に後日もう一本合計で3本のオーダーベースをお持ち頂きました。
それでは行ってみましょう!!


スタッフ(以下S)「こんにちは。オーダー談義ご登場有難うございます。これからお持ちいただいたベースについて色々お話をお伺いさせてただきますので宜しくお願いします。」

山内さん(以下山)「宜しくお願いします。」

S「では始めに最初にオーダーされました、このバイオリンシェイプのベースに関してお話をお伺いさせていただきます。こちらをオーダーされたきっかけをお伺いして宜しいですか?」

山「はい。まずこのベースをオーダーした頃なんですが、ちょうどジャズにも興味が湧いてきてまして。ジャズっぽいプレイにピッタリ来るベースがあればなーと漠然と考えていたんです。オーダーする以前からこちらのお店にはお世話になっていたのですが、フラッと立ち寄った時にたまたまオーダーメイドの話になりまして(笑)。以前から興味はありましたし、どうせ作るなら誰も作った事の無いような物を作ろうと思ったのがきっかけですね。」

S「なるほど。それでは満載の拘りポイントを伺って宜しいですか?」

山「まずは形ですね。なるべく小ぶりなんだけど、バランスが悪く無い絶妙な大きさにしました。Fホールがあるのでホローボディっぽく見えるのですが、実はソリッドボディなんです。サウンド的にはバイオリンシェイプでありながら、JBっぽいサウンドキャラクターを狙いましたのでホローボディだと音のコシが無くなってしまうかな〜と思ったためです。なのでネックジョイント方式もボルトオンになっています。後はボディ材にアッシュを使っているのも拘りですね。JBっぽいサウンドを狙う為はもちろんなのですが、アッシュの木目が好きだったので木目を生かしたクラシックっぽい色にしました。」

S「指板にフレットラインが無いですね?」

山「そうなんです。これはチャレンジで(笑)。アップライトベースはフレットラインが無いじゃないですか?どうせやるならそこまでやっちゃえって感じですね(笑)。弾くのは確かに大変ですけどね。」

S「ですよね(笑)それでは完成してみていかがでしたか?」

山「このベースは1本目のオーダーメイドなのですが、1本目から強烈なのを作っちゃったなと(笑)。木工が上がった段階で一度確認させて頂いたのですが、その時でも感動したんですけど、実際に完成してみて更に感動しました。先程も言いましたが、フレットラインが無いので弾くのは難しいです。音的にもニュアンスがとても良く出るので難しい。弾き応えのあるベースになりました。」

S「ありがとうございます。では続きましてEB-2シェイプのベースについて伺わせて頂きます。オーダーされたきっかけをお教え頂けますか?」

山「1本目のオーダーベースが、ホローに見えて実はソリッドだったので次第にホローボディのベースも欲しくなって来まして。色々探したりはしたのですが中々コレと言うのが無くて。それにホローボディのベースは種類が少ないじゃないですか?それなら作ろうかと思ったのがきっかけです。」

S「拘りポイントをお伝え頂けますか?」

山「まずはこのカラーリングですね。これはサンプルを作って頂き試行錯誤の結果この色になりました。まあ単純に青が好きだったのと個人的に合いそうだなと思いまして。PUレイアウト、ブリッジはGibson EB-2に順ずる様にしました。それからEB-2フルサイズだと自分には大きすぎるかなと思って98%まで縮小しています。サーキットは入っておらずパッシブになります。」

S「それでは完成してみていかがでしたか?」

山「ホローボディになっている為サウンドは独特ですね。ローが良く出ます。ソリッドのベースとは違いサウンドが極端なので面白いベースサウンドを狙うときにうってつけです。でも何にせよ軽い(笑)。自分は軽い楽器が好きですね。」


〜後日PBタイプのベースをお持ち頂きました。〜


S「わざわざお持ちいただき有難うございます。早速こちらのPBタイプに関してお伺いさせていただきます。オーダーされたきっかけをお教え頂けますか?」

山「プレベに関しては今まで好きで色々所有していたのですが、とことん突き詰めた自分なりの究極のプレベを作りたいなと思いまして。それでオーダーをしようと思ったのがきっかけですね。」

S「それでは拘りポイントをお伝え頂けますか?」

山「まずはネックシェイプですね。自分は太いネックが好みでネックシェイプはVが好きなんですね。それからボディ材ですがとにかく木、本来の鳴りを追及したくて数あるアルダー材の中から、かなり軽いものを選びました。パーツ自体も木材鳴りを追求するために軽い物にしました。ペグはヒップショットのウルトラライト、ブリッジはやはりオールドスタイルの物じゃないと。PUはリンディフレーリンです。」

S「色はシースルーになっているんですね?」

山「そうなんです。シルバーなんですけど良く見るとシースルーなんですね。これは拘りですね。なぜシルバーにしたかと言うとこのベースのキャラが「いぶし銀」だから色も銀かなと(笑)。

S「(笑)なるほど。それでは完成してみていかがでしたか?」

山「もう100点満点!文句なしです。音がメチャクチャドライで、トーンを絞っても音の芯がここまで無くならないのか!と驚きました。理想どおりの仕上がりでした。」

S「有難うございます。それでは最後に今オーダーをお考えの形に、アドバイスやメッセージをお願い致します。」

山「まずは自分の考え、理想を100%伝えることでしょうか。とにかく自分はこうしたいんだ、としっかり伝えることです。打合せは重要なのでしっかり行う。後はオーダーは一本ものなので高いのは当たり前、安くしようと思って仕様を妥協するのはNGだと思います。どうせオーダーするならとことんやらないと。その辺をしっかり行えば本当に理想の楽器が出来てきます。」

S「有難うございます。今日はご協力いただき有難うございました。また今後とも宜しくお願いします。」

山「こちらこそ宜しくお願いします。」