いや〜。すっかり温かくなり、すごし易い陽気になってきましたね。
好評頂いておりますオーダー談義、今回のゲストは坂入さんのご登場です!
それでは早速行ってみましょう!!

スタッフ(以下S)「こんにちは。今日はオーダー談義にご登場ありがとうございます。これからお持ち頂いた2本楽器についてお伺いさせていただきますので、宜しく御願いします。」

坂入さん(以下坂)「御願いします。」

S「早速ですが、こちらのブルーのポットベリーについてお伺いさせていただきます。こちらをオーダーされたきっかけは何でしょうか?」

坂「これを作ってもらったときが、ちょうどESPさんの新製品としてポットベリーが出始めの頃で、気になってはいた一本だったんです。色々な事が出来る遊べるギター欲しいなーと思っていたので、じゃあポットベリーでオーダーするか!って感じでした。」

S「このギターのこだわりのポイントはどういった所でしょうか?」

坂「まずは色ですねー。元々つぶしカラーであった色を敢えてシースルーにしてもらいました。元になったカラーはフラグメントブルーといったカラーです。シースルーにしたらこうなるんだろうなーと何となく想像はついたのですが、念のためカラーサンプルを作ってもらって確認してから、着色してもらいました。後は一本で色々な音が出せるように、ピエゾ内蔵ブリッジを載せてます。材構成に関しては、基本ポットベリーと同じですが、スタッフの方におまかせで良い物を選んでもらいました。ピックアップは元々Gibsonの57Classicだったのですが、今はダンカンのファットキャット(ハムバッカーサイズのP-90)が載ってます。」

S「完成してみていかがでしたか?」

坂「いやー、素晴らしい!色もバッチリ決まって言うこと無しの一本です!作ったのは結構前なのですが、今も昔もメインで使ってます。それとさすがに考えられたシェイプだけあって、座って弾いても立って弾いても弾き易いです。バンドメンバーからの評判もすごく良いですね!」

S「ありがとうございます。それでは続きましてこちらのストラトタイプに関してお伺いさせていただきますが、こちらをオーダーされたきっかけは何でしょうか?」

坂「これは単純に自分の好きなギタリストがサンバーストストラトを使っていて、それに憧れたっていう(笑)。自分もストラト使ってみたいなーと思ったのがきっかけですね。」

S「このギターのこだわりのポイントはどういったと所でしょうか?」

坂「基本はストラトです(笑)。ボディ材はアルダーの1Pですね。指板はたまたまあったハカランダを使ってもらいました。あとは色を好きなギタリストが使っているサンバーストのストラトに近い風合いにしてもらってます。」

S「サンバースト具合にも色々ありますもんね。」

坂「そうなんですよね。各年代のオールドストラトが載っている本なんかを見ると、年代によって微妙に違うんですよね。」

S「PUは何が搭載されているんでしょうか?」

坂「フェンダーのFAT50`Sです。スタッフの方からお勧めされたので。」

S「グリップはどんな感じにされましたか?」

坂「店頭に吊るしてあったNavigatorのカタログに載っているストラトのグリップがすごく良い感じだったので、基本的にはそれと同じにしてもらってます。」

S「それでは完成してみていかがでしたか?」

坂「音は、とにかく抜けが素晴らしいです!クリーンでも歪みでもバランス良く鳴ってくれますね。いわゆる「枯れ」もバッチリですね!それからこのギターもバンドメンバーからの評判がすごく良いですね。」

S「それでは最後に今、オーダーをお考えの方にアドバイスやメッセージを御願いします。」

坂「そうですねー。自分が思ったのは見積もりの時に、自分のこだわりを出して、スタッフの方としっかりと話すことですかね。そうすればまず、良い物が出来上がると思います。まぁ安い買い物ではないですけど、金額以上の物が出来てくると思いますね。それから一度オーダーギターを持ってしまうと他のギターは持てなくなっちゃうほどなので、是非一度味わってみるのも良いかと思います。」

S「ありがとうございます。本日はご協力頂きましてありがとうございました。また今後とも宜しく御願いします。」

坂「よろしくお願いします。」