春です!!
新生活を始められる方も多いと思います!!頑張っていきましょう!!
おかげ様でご好評頂いております、オーダー談義、今回のゲストは遠藤さんのご登場です!!個性的なカラーのオーダーギターを2本お持ち頂きました!
早速、いってみましょう!!

スタッフ(以下S)「こんにちは。オーダー談義ご登場有難うございます。これからオーダーされたギターについて色々とお話をお伺いさせていただきますので、宜しく御願いします。」

遠藤さん(以下遠)「宜しく御願いします。」

S「まずはこのブルーのポットベリーについてお伺いさせていただきますが、こちらをオーダーされたきっかけは、どういった所でしょうか?」

遠「このギターをオーダーする前にもポットベリーを持っていて気に入って使っていたんですね。それでいつだったかテクニカルハウスさんにあった、この色の元になったカラーのベースが店頭に吊るしていったのを見てビビッときちゃいまして(笑)この色でオーダーしてみたいなーと思ったのがきっかけです。ポットベリーの形が元々好きだったのもありますし。」

S「それではこだわりのポイントはどういった所でしょうか?」

遠「まずは言うまでも無く色です。(笑)店頭で見たカラーを参考に自分オリジナルのブルー具合にしてもらいました。材は厚みのある音が欲しかったのでは通常のポットベリーと違い、オールホンジュラスマホガニーです。それからピエゾブリッジを載せてあって、ロータリーSWでマグネティックとピエゾの切り替えが出来るようにしてもらってます。」

S「3ハムも独特な感じですよね。」

遠「これは最初3ハムで配線して貰ってたんですが、スタジオに持っていって弾いたりしていたら結局使わなくなっちゃって(笑)今はルックスだけ残して中身は2ハムになってます。載せているPUは最初GibsonのPUだったのですが、今はPRSのPUが載っています。」

S「完成してみてのご感想をお聞かせいただいて宜しいですか?」

遠「まず色がスゴイ!と思いました。(笑)中央を少々濃くしてサンバースト気味になっているのですが、すごく綺麗になっていて感動しました!弾いてみても何だかイヤラシイ(笑)音の粘りがあって大満足の1本になりました。」

S「ありがとうございます。続きまして、こちらのジャズマスターについてお伺いさせていただきます。こちらをオーダーされましたきっかけを教えてください。」

遠「これは急にフェンダー系の音が欲しくなりまして。以前テレキャスターを持っていたんですが自分には早すぎるな、年季が足りないな(笑)と感じていまして。ジャズマスターは前から気になっていたギターではあったので、それでオーダーをお願いすることにしました。」

S「このギターのこだわりポイントを教えてください。」

遠「このギターもやはり色は外せませんね。(笑)ジャズマスターには前のポットベリーのブルーは違うなと思って、1からサンプルを作ってもらってこの色にしました。基本カラーはバーガンディミストメタリックです。材はシンプルにアルダーの1Pを使っています。あとフェンダー系のギターはネックを外さないとトラスロッド調整が出来ないのが多いですよね?それが嫌だったので簡単に調整が出来るようにホイールナットにしてもらってます。」

S「PUは何が載っているのでしょうか?」

遠「フロント、リア共にダンカンのSJM-2です。SJM1という選択肢もあったのですが、ちょっとパワーが足りないなーと思って。あと押している間だけ音が消えるミュートSWもつけてあります。」

S「それでは完成してみていかがでしたか?」

遠「いやー一言スゴイなと(笑)ここまでになるとは本当に驚きでした。ピックガードを白にするかべっ甲にするかで迷ったのですが、べっ甲で正解でした。音は今まで弾いて来た、いわゆるGibson系の音とは違ってカラッとした良い音だなーと思いました。弾き心地もバッチリです!!」

S「最後に今オーダーをお考えの方にアドバイスやメッセージを御願い致します。」

遠「せっかくオーダーを御願いするなら、自分が持って見栄えが良いと思うもの、カッコイイと思えるものを作るのが良いと思います。自分は人とカッコイイと思えるポイントがずれているとは思うのですが(笑)ルックス、色だったりを自分の思い通りに出来るのがオーダーの醍醐味ではあると思いますので。音に関して自分は基本的にスタッフの方にある程度はお任せしてます。やはり知識も豊富ですし、信頼してます。それと無茶を言っても聞いてくれるので(笑)もちろん常識の範囲内ですが(笑)わがままをぶつけてみるのが良いかと思います。」

S「ありがとうございます。本日はご協力頂き有難うございました。今後とも宜しく御願いします。」

遠「こちらこそ宜しく御願いします。」