明けましておめでとうございます!!本年も、より一層精進してまいりますので、テクニカルハウス及び、このコーナーを宜しく御願いいたします!!

本年一発目はスペシャル企画です!!なんと同時に御三方にご登場頂きました!!
早速いってみましょう!!富岡様のご登場です!!



スタッフ(以下S)「こんにちは。今日はオーダー完成日にオーダー談義にご登場頂き非常にタイムリーなのですが(笑)これからお話をお伺いさせていただきますので宜しく御願いします。」

富岡さん(以下富)「御願いします。」

S「まずこちらのイエローのギターに関してお伺いさせていただきます。こちらをーオーダーされたきっかけはどういった所でしょうか?」

富「オーダーする前はこの手のギターを色々探してはいたのですが、市販品だとどうしても100%満足できるものに中々出会えなくて。オーダーならその点がクリアになるかなと思い見積もりをしてみたところ、これなら!と思ったのでオーダーすることにしました。」

S「なるほど。こだわりのポイントはどういった所でしょうか?」

富「まずはバック材にマホガニーを使っていることです。この手のギターはアッシュだったりバスウッドだったりが多くてマホガニーバックのギターって殆ど無いんですね。指板材はローズより硬質なパーフェローを使ってます。それからナット幅は42.5ミリになってます。ナット幅ってちょっと違うだけで結構違和感がありますからね。」

S「まさにオーダーならではですね。コントロールは一見すると複雑そうですが?」

富「パッと見そうなんですが、分かりやすくなってます。3つ並んだミニSWは各PUのタップSWで、もう一つのミニSWはリアPUの強制SWです。後はオーソドックスですね。」

S「その他にこだわりのポイントはありますでしょうか?」

富「そうですねー。フレットを216Aと言う、ジャンボフレットでありながら頂点が三角になっているタイプにしてます。それと指板Rを円錐タイプにしたのもこだわりですかね。」

S「分かりました。こちら完成してみていかがでしたか?」

富「もう大満足!!音もバッチリで最高です!!このギターが出来てきてギターを弾く時間が増えました(笑)バンドメンバーからの評判も非常に良いですね。弾き易さもバッチリで、このギターを弾く人弾く人があまりにも弾き易いのでびっくりしてますね。」

S「ありがとうございます。それでは続きまして、こちらの珍しいPUレイアウト(H-S-S)のギターについてお伺いさせていただきます。こちらをオーダーされたきっかけはどういったところですか?」

富「メイプル指板でリアPUがシングルのギターが欲しいなと思っていたんです。それで見積もりを御願いしまして、お話しているときにH-S-SのPUレイアウトの話になってコレ良い!と思ったのがきっかけですね。」

S「それではこだわりポイントをお伺いして宜しいでしょうか?」

富「まずは言うまでも無くこのPU配列ですよね。それからピエゾ内蔵ブリッジにしてアコースティックっぽい音も出せます。材はしっかりと目の詰まったスワンプアッシュです。基本的に材のセレクトは信頼しているスタッフの方にお任せしてます。あ、それからさっきのギターもそうですがエンドピンが2つついてます。これは立てかけたとき倒れないためですね(笑)。」

S「ボディカラーも独特ですよね。」

富「ブラウンサンバースト具合はこだわりました。サンバースト部は完全には木目がつぶれてないんです。サンバースト部分も微妙にシースルーになっているのがポイントですね。色は着色に立ち会って確認させていただきました。」

S「おー!確かに良く見るとそうですね!」

富「でしょ。良い感じです!」

S「こちら完成してみていかがでしたか?といってもつい先程なんですが(笑)」

富「(笑)最高です!!笑いが止まらないですね!あまりパキパキしすぎないバランスの取れたサウンドになってました。特にフロントのハムバッカーが非常に良い感じでしたね!」

S「それでは最後に今オーダーをお考えの方にアドバイス、メッセージを御願いいたします。」

富「そうですね。なんと言うか抽象的なんですけどオーダーギターって自分を更に高いレベルまで持って行ける力があると思うんです。ステージに立った時、自分とギターを合わせ100%以上になれると言うか。演奏している人の力を引き出してくれるギターですね。ライブで何か物足りないと思っている人こそチャレンジしてもらいたいですね。特に難しい知識も必要ないですし、信頼して使えるギターですから。先程も言いましたけど、自分がオーダーしたギターを弾いて良いギターだねって言う人ばっかりですから。一度オーダーしてみれば変な固定観念も無くなるんじゃないでしょうか?」

S「なるほど。それでは今日はお時間いただき有難うございました。今後とも宜しく御願いいたします。」

富「宜しく御願いします。」