明けましておめでとうございます!!本年も、より一層精進してまいりますので、テクニカルハウス及び、このコーナーを宜しく御願いいたします!!

本年一発目はスペシャル企画です!!なんと同時に御三方にご登場頂きました!!
早速いってみましょう!!馬場様のご登場です!!



スタッフ(以下S)「今日はお忙しいところ、ご協力有難うございます。早速お話をお伺いさせていただきたいと思いますので宜しく御願いいたします。」

馬場さん(以下馬)「御願いします。」

S「まずはコチラのジャガータイプについてお伺いさせていただきます。こちらをオーダーされたきっかけはどういったところでしょうか?」

馬「単純にジャガーが欲しかったのですが、普通ジャガーってショートスケールですよね?あれがどうしてもダメで。じゃあ作ってしまえって感じでオーダーすることにしました。」

S「こだわりのポイントはどういった所でしょうか?」

馬「まずはスケールをロングスケールに。後は基本的にはジャガースタイルなのですが、アームをあまり使わないのでブリッジはTOMにしてあります。ボディ材はアルダーの1Pですね。塗装はもちろんオールラッカーです。」

S「ネックがバインディング巻き仕様になってますね?」

馬「そうですね。これはルックスももちろんそうなのですが、ESPさんのホライゾンを長いこと使ってたので、それに近い弾き心地にする為でもあります。後はネックを外してトラスロッド調整をするのが面倒なので、ヘッド上部からレンチを差し込んで調整する方式にしました。PUはダンカンのSJAG-1で、もちろんヨーク付です。」

S「それでは完成してみていかがでしたか?」

馬「もう完璧!!想像以上の仕上がりでした!!ロングスケールにしたことで、ジャガーなんですけどハリのある感じの音になりました!オーダーしてよかったなと思いましたね。」

S「ありがとうございます。それでは続きましてブルーのスナッパーについてお伺いさせていただきます。こちらをオーダーされたきっかけは?」

馬「元々こういったハイエンドスタイルって言うんですか?この手のギターが一本欲しくて。それで見積もりを御願いしまして話が盛り上がっちゃったのでって感じでしょうか(笑)

S「なるほど(笑)このギターはすごく印象的な色ですねぇ。」

馬「そうですね。色に関してはとにかく何度も確認をしました。実際に着色に立ち合わせていただいたりもしましたね。材はキルテッドメイプルをボディトップに、バック材はバスウッドにしてあります。王道のハイエンドスタイルですね(笑)指板にはゴージャスにするためにバーズアイメイプルをこれでもか使ってます(笑)。」

S「スイッチが沢山付いていますがコントロールはどのような感じになっているのでしょうか?」

馬「これは各PUのON-OFF-TAP+リアPUのダイレクトSWになっています。PUはリアにESPのFKを、センターとフロントは同じくESPのSS-RI-120ですね。」

S「なるほど。完成してみていかがでしたか?」

馬「重量も軽いし、弾き易いし、何と言ってもカッコイイ!!それから狙ったとおりの音が出てびっくりしました!サウンドのバリエーションが豊富で、尚且つどれもが良い音なのが本当に驚きでしたね。」

S「有難うございます。それでは最後に今オーダーをお考えの方にアドバイスなりメッセージがあればお願いいたします。」

馬「そうですね。しっかりスタッフの方と話し合って要望はどんどん伝えることですかね。そうすれば失敗は無いと思います。後はあまり漠然としているよりもビジョンを明確に持つことでしょうか。それからテクニカルハウスのスタッフの方は面白いし仲良くしてくれるので、気軽にお店に入ってどんどん話をすると良いと思いますよ。」

S「今日はお時間を割いて頂き有難うございました。今後とも宜しく御願いします。」

馬「こちらこそ。御願いします。」