明けましておめでとうございます!!本年も、より一層精進してまいりますので、テクニカルハウス及び、このコーナーを宜しく御願いいたします!!

本年一発目はスペシャル企画です!!なんと同時に御三方にご登場頂きました!!
早速いってみましょう!!鈴木様のご登場です!!



スタッフ(以下S)「今日はお忙しいところ有難うございます!しかも3本もお持ちいただいちゃって恐縮です。早速お話をお伺いさせていただきますので宜しく御願いいたします!!」

鈴木さん(以下鈴)「宜しく御願いします。」

S「始めにこのRDタイプのベースからお話をお伺いさせていただきますが、こちらをオーダーされたきっかけをお伺いして宜しいですか?」

鈴「まず単純にこの形が好きだったんですね。それでライブ用に目立つ変形のベースであまりくどくないヤツは何だろうなーと考えていたら、RDが思い浮かんで。それでオーダーすることにしました。」

S「このベースのこだわりポイントを教えていただいて宜しいですか?」

鈴「そうですね。このサンバーストカラーはこだわりです。自分があまり派手な感じではないので渋めなサンバーストにしました。変形なのに渋めなカラーっていうのががポイントです。それとジョイントの強度を高めるために6点止めのボルトオンジョイントになってます。」

S「ボディ材はアッシュですよね?」

鈴「そうです。ただアッシュはアッシュでも(軽めなホワイトアッシュ)ってのがこだわりです。普通ホワイトアッシュは重いのが一般的だと思うのですが、珍しく軽い材があったので面白そうだなと。音に関しても重すぎる感じは嫌だったので。あとPUとサーキットはLAKLANDの感じが気に入っていたので、基本的にはそれと同じです。」

S「それでは完成してみていかがでしたか?」

鈴「形は変形なのですが、万能なベースに仕上がりました。元々ライブ用で考えていたので、非常に重宝してます。狙ったとおりになって感動しましたね。」

S「ありがとうございます。それでは続きまして、ナチュラルのJBタイプについてお伺いさせていただきます。こちらをオーダーされたきっかけは?」

鈴「まずは良い材があったから(笑)。先程のベースの材は(軽めなホワイトアッシュ)でしたが、これは(重めなスワンプアッシュ)です。アッシュメイプルのJBって持ってなかったので、じゃあ作っちゃおうかなと思ったのがきっかけです。」

S「それではこのベースのこだわりポイントはどういった所でしょうか?」

鈴「まずは先程言った材ですね。それから使い勝手を考えてパッシブにはせず、アクティブにしてあります。やはり幅広く使えるようにしたかったので。ただあんまりアクティブ臭くなるのはどうかなと言うのはありましたので、ナチュラルなESP製のシナモンを内蔵してます。PUはリンディフレーリンです。後はルックス的な問題ですが、ブラックのバインディング、ブロックポジションマークは外せなかったですね。やはりアッシュ/メイプルのJBにはコレだろうと。その他は基本的にオーソドックスですね。」


S「トラスロッド調整がホイールナットになってますね?」

鈴「これに関してはいつもテクニカルハウスで調整をしてもらっているので、調整する人のことを考えて(笑)いちいちネックを外すのは面倒ですからね。」

S「有難うございます(笑)助かってます。完成してみてはいかがでしたか?」

鈴「とにかく音のバランスが良くて、バランスは自分が持っているベースの中で1.2を争うんじゃないかなと。材がアッシュ/メイプルなのに角が立ちすぎていない点も良かったです。まぁコレはアクティブのせいもあるかもしれませんが。あとはJBサイズなので抱えた時バランスがバッチリです。」

S「それでは3本目のブルーのJBタイプに関してお伺いさせていただきます。こちらをオーダーされたきっかけは?」

鈴「まずはシンプルなアルダーボディのJBが欲しかったんですね。今までは完全なヴィンテージスタイルではなく随所に現代的なものを取り込んだりしていたのですが、年をとったせいか(笑)シンプルなものが欲しくなりまして、それならアルダーボディのJBかなと思いオーダーしました。」

S「こちらのベースのこだわりもやはり、、、」

鈴「材ですね。ベースでは珍しいアルダー1Pを使ってます。後色はヴィンテージ楽器の写真が沢山掲載されている本の中から気に入ったものを再現していただきました。マッチングヘッドもポイントです。PUはフェンダー製が載ってますね。あとはヴィンテージスタイルに準じていますが、このベースもトラスロッド調整はホイールナットになってます。」

S「なるほど。完成してみていかがでしたか?」

鈴「とにかく材の良さが良く出てます。塗装をオールラッカーにしたのも効いてると思います。枯れたサウンドってこういうものなんだなーと思いました。いろも絶妙な具合で渋くも見え、クールにも見えるみたいな。この色、光が当たらないと黒っぽく見えるんで、隠れたお洒落って感じで非常に気に入りました。」

S「それでは最後に今オーダーをお考えの方にメッセージ等ございましたら御願いいたします。」

鈴「そうですね。考えているだけじゃしょうがないんで、まずはお店に足を運んでみるのが良いのではないでしょうか?オーダーするしないではなく、興味があればお店でスタッフの方と相談をしてみるのが良いと思いますね。よくオーダーというとオリジナルシェイプの楽器を想像されたりする人がいると思うんですけど、自分がそうなように、材を選んで作るだけでもすごい違うんで、それだけでもオーダーする価値はあると思いますね。それから調整する人のことを考えたスペックにしましょうって事ですかね(笑)。」

S「ありがとうございます(笑)今日は有難うございました。それでは今後とも宜しく御願いします!!」

鈴「こちらこそ宜しく御願いします。」