もうすっかり秋ですね〜。朝布団から出るのがツライ季節になってまいりましたが、テクニカルハウスは相も変わらずHOTに行きます!!お待たせいたしました!今回のオーダー談義は三輪さんのご登場です!!
今回はたくさんお持ちのギターの中から、一風変わったオーダーギターを2本お持ちいただきました。それでは早速行ってみましょう!!




スタッフ(以下S)「こんにちは。今回はいよいよって感じでご登場いただきますが最後までよろしくお願いします!」

三輪さん(以下三)「こちらこそお願いします。」

S「早速ですが、今日2本お持ち頂いたギターで最初にオーダーされたのがコチラ(ブラウンフィニッシュ)のギターですよね?」

三「そうです。実はこれなんですが、自分の20歳の誕生日の時に記念にとオーダーしたんですよ。」

S「そうだったんですか!それでは何でまた、こういった仕様でオーダーされたのですか?」

三「まずは前々からこの形が好きだったというのが一番です。その中で自分のオリジナリティを盛り込んだギターが欲しかったんですね。」

S「なるほど。確かにこういったギターは、どこを探しても売ってないですね!」

三「(笑)そんなんです。」

S「それでは、このギターのこだわったポイントを教えていただいて宜しいですか?」

三「まずは基本構造です。この手のギターは基本的にフルアコースティック構造なのが一般的ですよね?ただそれだと自分が使うにはハウリングの問題等色々使い辛いところがありまして。ただホロー感は残したかったので、このギターはセミホロー構造になっています。ちなみにボディ材はメイプルTOP、マホガニーBACKです。 材のせいもあると思うのですが、LPっぽい音もでます。それからピエゾを内蔵してます。ホロー構造なので、よりアコースティックっぽいサウンドを狙いました。」

S「PUはフィルタートロンですね?」

三「そうですね。これはやはり外せないかなと(笑)ビグスビーにしてもそうですが、ルックスは重要なので(笑)。」

S「完成してみていかがでしたか?」

三「このギターは構造が特殊なので、事前の打合せが色々有ったのもあるんですが完成まで1年くらいかかったんですね。ついに完成したときは「待ってました!!」って感じでした。実際に音を出してみると非常にすっきりした良い音で、どんな場面でも使える万能なギターだなと感じました。思ってた以上の出来で大満足でした!」

S「ありがとうございます!それでは続きまして2本目のこちら(2トーンサンバースト)に関してお伺いさせていただきますが、こちらをオーダーされましたきっかけは?」

三「やはり一本のギターがいくら万能とはいえ、一本のギターで出来ることは限界があるので、はじめにオーダーしたギターで出来なかった部分を求めてオーダーしました。」

S「一本目との具体的な違いはどういったところでしょうか?」

三「そうですね。まず一本目と比べ、よりはっきりした音が欲しかったのでボディ材はオールメイプルです。ただオールメイプルだと重くなりすぎてしまうのが辛いと思い、一本目と比べボディシェイプを小ぶりにしてあります。それからネックジョイント部をヒールレスにしてハイフレットでも弾きやすいギターにしました。配線系は基本的に一本目と同じなのですが、こっちはパッシブのピエゾにして素直な音をめざしました。PUは同じフィルタートロンですが、こっちはTVジョーンズ製のものが搭載されてます。」

S「完成してみていかがでしたか?」

三「まずは狙っていたとおりのはっきりした音がでて感動しました!重量も思っていた以上に軽かったです。非常にまとまったイイ感じのギターになりました。今はコイツをメインにしてます。」

S「それでは最後に、今オーダーをお考えの方にアドバイス、メッセージ等がございましたら是非お願いします。」

三「そうですねー。月並みですけど少しでも現状のギターに満足できず、ここがこうだったらいいなーと思ったら見積もりをお願いしてみるのが良いと思います。そのときは自分の理想をしっかりとスタッフの方にぶつけるのが大事です。そして、スタッフの方の意見もしっかりと聞くことで自分の理想近づくことが出来ると思います。やはり色々なことをご存知ですから。とにかく事前の話し合いは重要ですね。」

S「ありがとうございます。所でお話は変わりますがで次にお考えのギターがあるとかないとか?」

三「次は2本目と同じような感じでハイロートロンPUバージョンを考えてます。」

S「おぉ!!それはまた面白そうですねー。完成した時はまた是非ご感想を聞かせてください!!今日はお時間を頂、ありがとうございました!今後ともよろしくお願いします!」

三「ありがとうございました。」