さあさあ、やってまいりました!!このコーナー。
今回のお客様は池田さんのご登場です!LPを基本としつつ拘り沢山のオーダーならではのギターをお持ち頂きました!早速行ってみましょう!!



スタッフ(以下S)「何だか勢いでご出演をお願いしてしまいましたが(笑)(※池田さんはたまたま調整でギターを2本お持ち頂いた所で当店スタッフが出演をお願いし、快くご出演をして頂きました)これからお持ちのギターについてご質問させていただきますが宜しくお願いいたします。」

池田さん(以下池)「宜しくお願いします。」


S「まずはサンバーストのLPタイプについてお話をお伺いしたいのですが、こちらをオーダーされたきっかけは何でしょうか?」

池「そうですね。最初のきっかけはこのギターの指板材に使用しているハカランダが、たまたまお店の方にあったからですね。その時は見積もりだけしてもらったんですが決めかねていたので、とりあえずハカランダだけをスタッフさんのご好意により押えてもらったんです。それからしばらくしてお店に伺った時、これもまたたまたまなのですが(笑)すごく綺麗な木目のメイプルがあって。コレは作るしかないだろと思ってオーダーする事にしました。」

S「なぜLPスタイルにされたのですか?」

池「元々、一番好きな形でしたし、この材だったらLPしかないだろうと。」

S「なるほど。それではこのギターの拘りポイントをお聞かせいただけますか?」

池「やっぱりまずは材ですね。指板材、トップ材はもちろん、バック材のホンジュラスマホガニーも目の詰まった軽量なものを選んでいただきました。それからLPはハイフレットが弾き辛いのが難点だと思っていたので、思い切ってヒールレスカットをしてもらいました。」

S「おっ!ボリュートが付いていますね。」

池「はい。やっぱりLPはネック折れが怖かったので。元々ヴィンテージ信者でもないので、ここは機能性を優先しました。」

S「ネック折れは怖いですからね。ボリュートを付けた方が間違いなくネック折れへの耐性がつきますからね。ちなみにPUなんかは何をお使いでしょうか?」

池「PUはギブソンの'57 Classicですね。これはスタッフの方のお勧めです。」


S 「それでは完成してみていかがでしたか?」

池「もう言う事無しです!見た目も音も思っていた以上の出来にビックリでした。あとは軽いなーと思いましたね。このギターが出来るまでは軽いLPって持った事がなかったので。このギターが出来てから結構時間もたっていますけど不満を感じた事はないですね。バリバリのメインギターです!」

S「有難うございます。それではもう一本のギターについてお伺いさせていただきます。こちらをオーダーされたきっかけは何でしょうか?」

池「前に作ったサンバーストのLPがあまりにも良かったんで、サブ的なギターがもう一本欲しいなと思ってたんです。これも同じくお店に伺った時に良い材があったのをお勧めしてもらって。それでオーダーする事にしました。」

S「あくまでメインはサンバーストのほうなんですね。それにしてもまた個性的な色ですねぇ。ソニックブルーですか。」

池「そうですね。これは多少の遊び心もあって(笑)今まで見たことの無い誰も持っていないようなカラーにしようと思ってこの色にしました。」

S「色はもちろん拘りだと思うのですが、その他の拘りポイントはありますでしょうか?」

池「基本的には前に作ったサンバーストと同じです。違うところはブリッジにフィッシュマンのピエゾ内蔵ブリッジをマウントしている所とPUにダンカンのハムバッカーサイズのP-90を搭載しているところですね。」

S 「ピエゾ内蔵とのことですが、一見コントロールは普通ですよね?これはどうなっているのでしょうか?」

池「これはですね、ロータリースイッチを使ってPU-PU+ピエゾ-ピエゾを切り替えています。それと前のギターもそうなのですがトグルスイッチはダミーで、ピエゾと同じくロータリースイッチでPUの切り替えが出来るようになってます。ガシガシ弾いた時にセレクターが手に当たって切り替わっちゃうのがイヤだったんで。」

S「なるほど。それは良いアイディアですね。それでは完成してみていかがでしたか?」

池「先に作ってたサンバーストの方でオーダーのクオリティは分かっていたので、期待通りの素晴らしいギターが出来ました。P-90タイプのPUが載っててピエゾ付きなのでサンバーストと比べてシャキッとしたサウンドですね。しっとりした曲の時に良く使っています。」

S「それでは最後に今オーダーをお考えの方にアドバイスやメッセージをお願いいたします。」

池「そうですねぇ。まずオーダーの良さは自分の一番好きで楽しめるギターを拘って作る事が出来る事だと思うんです。市販のギターだと数ある中から自分にとってベストなギターを選ぶのは中々大変だと思うんです。オーダーだと自分に合わせたギターが出来ますから。それで一度オーダーしてしまうと市販のギターは欲しくなくなりますね。それくらい良いです。あとはやっぱり事前の打ち合わせは重要ですね。オーダーメイドって金額的にやはり高くなってしまう事が多いので躊躇いがちな部分があると思うのですが、実際に作ってみればその良さが分かるので興味のある人は一度お願いしてみるといいと思います。長く付き合える自分だけの一本が出来ると思いますよ。」

S「ありがとうございます。今日は急な出演依頼にもかかわらずご出演頂き本当に感謝感激です!今後とも宜しくお願いいたします!」

池「イエイエ。こちらこそ宜しくお願いします。」