今年もやります、このコーナー!今年一発目のお客様は伊澤さんのご登場です!早速いってみましょう!!


スタッフ(以下S)「明けましておめでとうございます!これから色々お伺いさせていただきますが宜しくお願いします。」

伊澤さん(以下伊)「こちらこそヨロシク。」

S「今日はたくさんベースを持ってきていただいて有難うございます。お手数おかけしました(汗)」

伊「いやいやそんなこと無いよ。」

S「有難うございます。早速ですがまずはホワイトのEXPタイプのベースについてお伺いさせていただきます。こちらをオーダーされようと思ったきっっかけはどういった所でしょうか?」

伊「単純にEXPベースが欲しかったの(笑)元々GibsonのEXPベースは持ってたんだけど、より「ギターに近い」EXPベースが欲しくなって。それがきっかけかな」

S「なるほど。確かにボディシェイプが小ぶりで、よりギターに近くなってますね。」

伊「うん。そうそう。」


S「その他にも拘りのポイントはあると思いますが、お伺いしても宜しいでしょうか?」

伊「そうだね〜。PU配列がPJなんだけどPBの方を逆にマウントしてあります。それから普通Gibsonなんかだと白いボディの場合ヘッドの色が黒のことが多いんだけど、あえて白にしてもらってます。」

S「材なんかは何を使用されてますか?」

伊「ボディ材はメイプル。ネック材もメイプルで指板はエボニーだね。」


S「硬めな音がしそうですね。」

伊「まさにそう!狙っていた通りの固めの音が出て満足!なおかつEMGのPUなんでハードロック/ヘヴィメタルを演るにはちょうど良いね。」

S「それでは次にレッドの変形シェイプのベースについてお伺いさせていただきますが、こちらをオーダーされたきっかけは何になりますでしょうか?」

伊「もともと欲しかった形があったんだけど、それはESPさんのシェイプではないので、それならその形を元にしていろんな物を足したり割ったりして自分だけのオリジナルシェイプを作ろうと思ったのがきっかけだね。」

S「なるほど。拘りのポイントはまずは形ですよね?」

伊「もちろん!それから色だね。店頭でこの色(イタリアンレッド)の楽器を見ていい色だなーと。後はイタリアンレッドって言うくらいだから遊びでノブの色をイタリア国旗をイメージしたカラーにしてもらいました(笑)。このベースもPU配列がPJなんだけどPBはもちろん逆にマウントしてあります。」

S「ボディ材等はどのような感じですか?」

伊「ボディ材はアルダー。メイプルネックのローズ指板だね。スケールはコイツもミディアムです。」

S「完成してみていかがでしたか?」

伊「アルダーをボディ材に採用してるからやっぱりアルダーらしいバランスの良い音が気に入りました。PUはディマジオなんでハードロックな感じで使ってもバッチリ!っていうか僕の持っているベースは全部そうなんだけどね(笑)。」

S「(笑)決まったスタイルをお持ちなのは素晴らしいことですよ!では次に2本兄弟でお持ち頂きましたベースについてお伺いさせていただきます。こちらをオーダーされましたきっかけはどういった所でしょうか?」

伊「何だったかなー(笑)うろ覚えだなー(笑)

S「(笑)白黒カラーの方が早く作られましたよね?」

伊「うん。そう。」

S「拘りポイントはやはり色ですか?」

伊「そうだねー。実は白黒の方はリフィニッシュなんですよ。元のカラーに飽きちゃったのもあって。もうひとつのPJタイプの方は写真だと黒っぽく見えるかもしれないけど、実は黒に近いメタリックグリーンなんだ。」

S「おぉ〜!よく見るとそうですねー!」

伊「通称「カラスブラック」です!良い色でしょ!」

S「ですねー。さりげない拘りですねー。」

伊「でもこういう、さりげない所にトコトン拘れるのがオーダーの醍醐味でもあるよね。スタッフの方も細かな所でも真剣に考えてくれるし。ねっ!」

S「有難うございます!それでは最後になりましたが、これからオーダーをお考えの方にアドバイス、メッセージをお願いいたします。」

伊「そうだねー。拘りのポイントは人それぞれ違うと思うんだけど、僕の場合はそれが形だったんですよね。市販のものだとどうしても制約があるし、自分が欲しいボディシェイプを作れるのはオーダーの醍醐味だよね。
変形が好きなんだけど市販の楽器だと変形ギターはあっても変形ベースってなかなか無いじゃない?それから元々ギターキッズだったこともありベースに転向した今でもギター的なベースが欲しくなるんだよね。そうなるとオーダーしてしまうの方が自分に体にあったもの満足のいくものが出来るよね。自分だけの拘りを持った方には間違いなくお勧めですね。」


S「有難うございます。それでは今回のオーダー談義はこんなところで終わらせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします!」

伊「こちらこそ!」