やってまいりました!オーダーメイド談義のコーナーです!
今回のゲストは自称「メタル馬鹿」(笑)の諏訪部さんのご登場です!メタル好きならではの熱いお話を聞く事が出来ました!早速行ってみましょう!



スタッフ(以下S)「こんにちは。今日はお忙しいところお時間作っていただいて有難うございます。これから色々とご質問させていただきますのでよろしくお願いします。」

諏訪部さん(以下諏)「ウッス!よろしくです!」

S「まずはこちら(ホワイトのFVタイプ)からお伺いしたいのですが、こちらをオーダーされたきっかけは何でしょうか?」

諏「これはですね〜、2〜3年前になるんですが完璧アクセプトからの影響ですね!そいで「白いFVが欲しい〜!」と思ったのがきっかけですね。」

S「アクセプトとはまた良いきっかけですね!」

諏「でしょ!」

S「それではこのギターのこだわりポイントはどういった所でしょうか?」

諏「まずはFVは普通ミディアムスケールなんですが、このギターはハリのある音を求めてロングスケールになってます。あとはフロイドローズが乗っかってるのもありますけど、ボディを厚くしてもらって鳴りを重視してます。薄っぺらい音のするギターにはしたくなかったんで。ネックに関しても太めなグリップにしてもらってます。あとポジションマークですが、普通にドットは嫌だったんでブロックポジにしてもらってます。」

S「いいですねー。PUがEMG(81)ですよね。」

諏「やっぱりメタルサウンドはEMGでしょう!」

S「外せない所ですよね(笑)それからギターとは関係ないですがこのストラップもこだわりですよね?」

諏「もちろん!ストラップは重要ですよー。このギターが完成したときに楽器屋を何件も回って捜して。その中で一番イカツイやつを選びました(笑)ギターに合わせたストラップを使わなきゃダメです!」

S「なるほど!ギターとストラップは一心同体なわけですね(笑)。それでは続きましてこちら(ナチュラルのRV)に関してお伺いいたしますが、こちらをオーダーされたきっかけは何でしょうか?」

諏「以前こちらのお店でマホガニーボディでナチュラルのEXPタイプのギターを見たんです。「おーカッコいいなー」って感じで好印象だったんですね。ただそのままEXPにすると『ある人』のイメージが強すぎちゃうなーと思ったんです。そこであえてEXPタイプでは無くRVだったら面白いんじゃないかと思って。メタル的でソリッドなイメージが強いRVを渋く作ったら良い物が出来るんじゃないか、と思ったのがきっかけですね。」

S「それではこだわりのポイントを教えていただいて宜しいですか?」

諏「まず「すんげーRVを作ろう!!」と言う思いが強くあったので、このタイプのギターでは定番のスルーネックではなく、あえてセットネックでボディ材をホンジュラスマホガニーにしました。広いサウンドレンジを狙ったわけですね。とにかく良い材を入手していただいたので「イケル!!」と思いました。あとはさっきも言いましたが、このシェイプでナチュラルカラーなところですかね。」

S「グリップ等に関してはいかがでしょうか?」

諏「グリップに関しては『いつものグリップで!』といっただけ(笑)。要するに太いグリップですよね。」

S「それでは完成した際の感想はいかがでしたか?」

諏「もうイメージ通り!素晴らしい!って感じでした(笑)実際に弾いてみると予想以上の太いサウンドにビックリしましたね。PUがFVの時と同じでEMGを使ったんですけど、完成する前は大体同じ感じの音なんだろーなーと思っていたんです。実際は全く違う音で、やはりギターはPU云々より材や造りが重要なんだなーと感じましたね。それからホンジュラスマホガニーボディですけど重量が軽めに仕上がったので、弾いていてストレスを感じないですね。」

S「ありがとうございます。それでは最後に今オーダーをお考えの方にメッセージをお願いします。」

諏「まずは出したい音、やりたいことをしっかりイメージしてそれを明確にスタッフの方に伝えることですね。妥協はダメです。そうすればスタッフの方が良い方向に導いてくれますよ。とにかく自分だけのギターですからね。それと自分の場合はオーダーギターで長年の思い描いていたことが実現したので、メチャクチャ嬉しかったんですよ。是非その感動を味わっていただきたいですね。あとお店には自分と同じようなギター馬鹿(笑)がたくさんいらっしゃるので、仲良くなると話も弾んで楽しいですよ(笑)。」

S「それでは本日はお忙しい中、有難うございました。今後ともよろしくお願いいたします。」

諏「イヤイヤ。こちらこそ有難うございます。」