テクニカルハウス名物?のオーダー談義、今回のゲストは新井さんです。それでは早速いってみましょう!!


スタッフ(以下S)「こんにちは。今日はお時間頂きありがとうございます。オーダーされたギターについて色々とお話をお伺いしたいと思いますので宜しくお願いします。」

新井さん(以下新)「こちらこそ。」


S「それではまず、この独特のルックスのFVに関してお伺いいたします。こちらをオーダーされたきっかけはどういった所でしょうか?」

新「そうですね。急にFVが欲しくなったというか(笑)。実のところ昔はそんなにFVが好きではなかったんですが、最近になってFVが気になりだしてきたんです。で、どうせ買うなら既製品より自分の拘りを詰め込んだオーダーの方にしようと思いお願いしました。」

S「なるほど。その拘りの部分とは?」

新「まずはルックスですよね。グラフィックと間違われたこともあるんですが、これは本物の布を貼ってあります。ジョイントはボルトオンで音の立ち上がりを重視しています。後はアームが欲しかったのでフロイドローズブリッジにしてもらい、ロックっぽさを出すためにポジションマークをドクロにしてあります。」

S「ちなみにPUは何が搭載されているのでしょうか?」

新「最初はディマジオのローパワーPUを載せてもらったのですが物足りなくなり、今はスタッフの方オススメのPUにしてもらってるのでパワー感もバッチリです。」

S「実際に出来上がった時の感想をお聞かせいただけますか?」

新「もう100%満足です!!いい仕事してますねって感じです(笑)。色に関しても塗装が上がったときに見せてもらったときは、ちょっと濃かったかなと感じたんですが、いざパーツが付いてみるとイメージどおりの仕上がりでした。布を貼るのはすごく大変だったようなのですが、凄くきれいな仕上がにビックリしました。」

S「有難うございます。サウンドの方はいかがでしたか?」

新「布が貼ってあるので、引っ込んだ感じの音になるのかなーと思ったんですが、そんなことは無く、しっかり芯のある音がします。」

S「それでは続きまして、ポットベリーの方についてお伺いいたします。こちらをオーダーされたきっかけは何でしょうか?」

新「ポットベリーに関しては、ニューモデルとして出た当初から気になっていたギターだったんです。ただFVの時と同じで市販のままではなく、自分の拘りを詰め込んだポットベリーにしたくてお願いしたのがきっかけです。」

S「どういったところに拘られましたか?」

新「まずは中々決まらなかった色ですねー。最初はオーソドックスにレモンドロップにしようと思ってたんですが、それじゃ普通すぎるなと。もっと大人っぽい感じの色がいいかなと思い今の色に落ち着きました。あとはキルッテッドメイプルですね。キルテッドメイプルを使ったギターは初めてなんですが、木工作業がが終わって確認をした時に、まだ色が付いていないのに凄い木目が出ててビックリしましたね。ポジションマークはこれもドクロです。ちょっと遊び心が欲しくて(笑)。」

S「完成してみていかがでしたか?」

新「全て理想どおりどころか、理想以上の仕上がりでした!!色に関しても悩んだかいがありました。本当にオーダーしてよかったです!!」

S「有難うございます。それでは最後に今オーダーをお考えの方へメッセージをお願いいたします。」

新「まずは自分の中で大体のイメージが出来たらすぐにでも見積もりをお願いをするのが良いと思います。そのイメージをきちんと伝えれば理想通り、もしくはそれ以上の物が出来上ってきますから。それから作業の途中工程も確認させてもらえるので、心配な人はきちんと確認をしたほうが良いと思います。とにかく世界に一本の自分だけのギターなので完成したときは感動しますよ。是非その感動を味わって欲しいですね。」

S「今日はどうも有難うございました。今後ともよろしくお願いします。」