さぁやってまいりました!オーダー談義です!
今回のゲストは冨田さんのご登場です!早速行ってみましょう!



スタッフ(以下S)「こんにちは。お忙しいところお時間作っていただき有難うございます。本日は宜しくお願いします。」

冨田さん(以下冨)「いえいえ。こちらこそ宜しくお願いします。」

S「それでは早速お伺いしますが、まずはLPの方からいってみましょうか。こちらをオーダーされたきっかけはどういった感じですか?」

冨「ん〜〜・・・・何だろう?(笑)」


S「(笑)作られたのは結構前ですもんね。」

冨「(笑)そうですね。たしかこのギターをお願いする前は、ESPさんのHORIZON-靴鮖箸辰討い燭鵑任垢韻鼻△發辰肇潺奪疋譽鵐犬図太い音が欲しくなって。HORIZON-靴鮖箸α阿LPを使っていたので、それならLPだろうと。そう考えていたときに、ちょうど良い材があったのでお願いすることにしたと思います。」

S「なるほど。やはり材には拘ったわけですね?」

冨「そうですね。材に関しては結構吟味しました。ボディ、ネック材は王道の材なのですが指板にはパーフェローを使ってます。PUは'57Classicですね。」

S「パーフェローは良い材ですね。硬さもあり適度に粘りもありますしね。」

冨「パーフェローは正解だったと思います。あとは極力スタンダードな物にして長い年月をかけて育てていける様にしたかったですね。」

S「実際に完成してみていかがでしたか?」

冨「多分言葉にならないくらい感激したと思います(笑)元々使っていた物や友人が所有していた他のギターに比べて重量が軽く、ギター全体が鳴っているというのはこう言う事なのかと感じたのを覚えていますね。グリップに関しても音を考えて太めにしてもらってまして、最初は違和感があるんだろうなーと思ってたんですが、いざ握ってみるとしっくりきたので、それも驚きでしたね。」

S「有難うございます。それでは続きましてポットベリーの方についてお伺いいたします。こちらをオーダーされたきっかけは何ですか?」

冨「こいつはですねぇ。LPを作ってもらった後に多彩なサウンドが出るギターが欲しくなり、いわゆるハイエンド系のギターを買ったんです。しばらく使っていたんですが、だんだん音の太さが物足りなくなくなってきていたんです。元々LP系の太い音が好みだったので、LP系のサウンドで幅広く使えるとなるとポットベリーがいいじゃないか、と言うことになりオーダーをお願いすることにしました。」

S「なるほど。こだわりポイントはどういったところでしょうか?」

冨「材はもちろんですね。色に関しても他には無いカラーですね。あとはフィッシュマンのピエゾ付トレモロブリッジを採用して、通常のPUとピエゾの音が使い分けられるようになっています。それからカタログのポットベリーと違うところは24F仕様になっている所と、ハイフレットの弾き心地を優先してヒールレスジョイントになっています。」

S「PUなんかは何が搭載されているんですか?」

冨「PUはディマジオです。これはスタッフの方からのオススメを搭載してもらいました。あとグリップも通常のポットベリーより、さらに太めになってます。」

S「それでは完成してみていかがでしたか?」

冨「一言、素晴らしい!ですね。ピエゾを搭載したことで多彩な音が出せますし、コシがあって粘る音が非常に良い感じでした。ハイフレットの弾き易さはLPには無いところで、使いやすいです。それから見ていて飽きない色もGOODでした。」

S「有難うございます。それでは最後にこれからオーダーをお考えの方にメッセージをお願いします。」

冨「まずはここに出ているみなさんも言われてますが、一人で悩むよりお店で見積もりをしてもらうのがいいと思います。判らないことはスタッフの方が教えてくれますから。オーダーなんで金額は市販品と比べて高くなりますけど、それ以上に良い物が出来てくると思います。自分も正直、完成するまでは不安はありましたが、自分が本当に求めていた物が出来てきた感動は最高です。なんてったって世界に一本の自分だけのギターですからね!」

S「今日はどうも有難うございました。今後とも宜しくお願いいたします。」

冨「有難うございました。宜しくお願いします。」