大変長らくお待たせいたしました!!久しぶりの更新です(笑)
更新を首を長くして待っていた方もいらっしゃる(いて欲しい)と聞くこのコーナー。
今回のゲストは、通称「キムゴン」こと木村さんの登場です。笑いの多い楽しい談義となりました。早速いってみましょう!!


スタッフ(以下S)「こんにちは。久しぶりのインタビューですので少々ドギマギするかもしれませんが(笑)宜しくお願いします。」

木村さん(以下木)「こちらこそ宜しくおねがいしまーす。」

S「それでは早速お伺いいたします。まずポットベリーの方からですが、このギターをオーダーしようと思われたきっかけは何でしょうか?」

木「きっかけはフジテレビ!!(笑)」

S「イヤイヤ、そうじゃなくて(笑)」

木「真面目に言うと、自分がギターの師匠と仰ぐ人が使っていたギターがオーダーのポットベリーだったんです(当店にて製作)。その人のプレイ、サウンドに憧れて一歩でも近づく為にこのギターをオーダーしました。仕様は殆ど同じなのですが、個人的な拘りも盛り込んであります。」

S「その拘りの部分とは?」

木「まずは材ですよね。軽めで目の詰まったホンジュラスマホガニー、理想的な杢目の出たハードメイプル、数ある中からスタッフの方と話し合いながら「コレだ!!」といったものを選びました。それから師匠のギターと全く同じ仕様は芸が無いので、(そのギターと比べ)ヘッドがリバースになっています。」

S「なるほど」

木「あとはですねー.......なんかありましたっけ?(笑)」

S「エッ!?(笑)そうですねー。ネックグリップに関してはいかがでしょうか?」

木「そうそう!!グリップだ(笑)ネックグリップに関して言えば、このギターを作る前に持っていたギターは弾きやすさを優先して、薄めなグリップのものが殆どだったんです。でもこのギターは師匠が出していたズ太いサウンドに憧れてオーダーしたものなので、サウンド重視ということで太いグリップを採用しました。」

S「マホガニー系のネック材ですと、ある程度厚みがないと薄っぺらいサウンドになってしまいがちですからね。」

木「そうですね。最初は弾き辛いだろうなーと思っていたんですが、いざ弾いてみると仕上げがしっかりしている成果だと思うのですが、すぐ手に馴染みましたね。」

S「サウンドの方はいかがでしたか?」

木「今まで弾いてきたギターとはまるで違った太い音にビックリしました。正直このギターを持つまでは形を重視してギターを選んでいたんです。でもこのギターでは徹底的に材に拘って作ってもらったので「良い材を選んで作るだけで、ここまで変わるのか!!」と材の重要性に改めて気づかされた一本ですね。」

S「材は本当に重要ですね。例えば同じホンジュラスマホガニーでも重量によってサウンドは大きく変わりますから。」

木「本当にそうですね。」

S「PU等は何を採用していますか?」

木「当初はGibsonの57Classicでしたが、次にGibsonのP-94に変わり、現在ではフロントがダンカンのSH-1n、リアがダンカンのSH-14に落ちついてます。コントロールに関しては当初、1Vo、3WAYロータリーPUセレクター、リアダイレクトSWでしたが、現在は1Vo、トグルSW(PUセレクター)、ダミートーン(配線されていない)となってます。色々試しましたが、やはりシンプルなものが良かったですね。」

S「シンプルイズベストですか。」

木「そうそう(笑)」

S「それでは続きましてもう一本のVPのほうですが、こちらをオーダーされたきっかけは何でしょうか?」

木「フジテレビはもういいか(笑)こいつはですねー、スタンダード系のギターは一通り所有したので一風変わった物が欲しくなったんです。そんなときにESPさんのカタログをみていたらHMBK(ハーフマットブラック)のVPが載っていて。それを見て「カッコイイじゃん!!」と思いVPをベースにオーダーすることにしました。拘るところにはもちろん拘りましたよ。」

S「やはり材ですよね。」

木「それはもちろん!!前回のオーダーの際に学習済みですから(笑)ルックス面では市販のVPはネック裏の塗装がナチュラルですが、このギターは黒く塗ってもらってます。それとエボニー指板を採用しているんですけどドットポジションマークは黒いものになってます。近くで見ないとまるで判りません(笑)それからトレモロ付ではないんですが、あえてスパーゼルのロックペグを採用しました。弦が切れたときに交換が容易でしかも短時間で出来るので助かってます。グリップに関しては太いものでないと駄目な体になってしまったんで(笑)このギターも太いグリップになっています。」

S「なるほど。完成してみていかがでしたか?」

木「アンプで鳴らしてみたら材に拘ったので意外と王道なサウンドなんですね。ルックスはチンピラみたいなんですけどね(笑)そのギャップがまた良いんですよーー。」

S「ルックスは確かに悪そうですね(笑)それでは最後にこれからオーダーを考えていらっしゃる方にメッセージをお願いします。」

木「そうですねー。自分もそうだったんですが最初は分からない事が多いと思うんです。あまり自分で深く考えずに素直にスタッフの方に相談するべきです。それと今までオーダーしたお店の常連さんも良く店にいらっしゃるので、そういった方の意見を聞くのも良いと思います。あとはやっぱりスタッフの方に自分の意見をしっかり伝えて、気になる所があれば何度も話し合うことですね。スタッフの皆さんは優しく話を聞いてくれますから(笑)一見すると入りづらい感じのですけど、とても和気藹々としてる店なんで気軽に足を伸ばしてみるといいと思いますよ。こんなんでいいっすか?(笑)」

S「(笑)ありがとうございます。お店の宣伝までして頂いて。それでは今日はどうもありがとうございました。」

木「こちらこそ。」