しばらく、ご無沙汰しておりましたが久々の更新です!!
今回のお客様は、ESPギタークラフトアカデミーの学生さん、鈴木さんの登場です。実際にギター製作を経験している方ならではの貴重なお話をいただきました。それでは行ってみましょう!!!


スタッフ(以下S)「こんにちは。今日は貴重なお時間をさいて頂いて有難うございます。これから色々とお話を聞かせていただきますので、よろしくお願いします!!」

鈴木さん(以下鈴)「よろしくお願いします!!」

S 「今日は2本のオーダーギターを持ってきていただいたのですが、どちらも木目が凄く美しいギターですね。最初の一本はこのSECタイプ(シースルーブルー)なんですよね?」

鈴「そうです!!ガンガン弾き込んでますよ!!」

S「それではまず、このギターをオーダーされたきっかけを教えていただいて宜しいですか?」

鈴「最初はESPさんに限らず、他のメーカー等のギターを基本として、セミオーダーといった形でPUなんかを変えたりして自分の理想に近いギターにしようと考えていんです。ただESPさんのフルオーダーとなると全てが自分好みの仕様に出来るのが魅力的で。それでテクニカルハウスに行って見積もりをお願いしました。」

S 「なるほど。実際に見積もりをされてみていかがでしたか?」

鈴「そうですね。見積もりをしながら、話を詰めていくうちに、ドンドン自分の理想とするギターの完成形が見えてきてワクワクしてきましたね!!それでオーダーをお願いしたら必ず良いものが出来上がるだろうと自分の中での確信があったので、思い切ってオーダーをお願いすることにしました。」

S 「このギターのこだわりポイントはどういった所でしょうか?」

鈴「やはり材には拘りましたね。トップ材は極上のキルテッドメイプル、木目の美しさが最高ですね!!バック材にはスワンプ・アッシュの1Pを使用してます。始め、バック材はマホガニーで行こうと考えていたのですが、自分的に幅広いサウンドに対応できるのがスワンプ・アッシュだと見積もりの段階で分かったので、スワンプ・アッシュをバック材に選びました。スワンプ・アッシュのセレクトに関しては、経験豊富なスタッフの方にお任せしました。ネックシェイプに関しては、自分的に弾き易いグリップがあったので、それを参考にしていただきました。PUはフロント、センターはリンディフレーリン、リアには秘密の外国製PUが乗っています。」

S 「良いですね〜。洗練された上品なサウンドが期待できそうですね。」

鈴「そうなんです!!思い描いてた以上に素晴らしいものができましたね!!幅広く対応できるサウンドはもちろんの事、弾き心地も最高でしたし、ルックスはついつい見惚れてしまうほどです(笑)」

S 「(笑)素晴らしい!!大事なことですよね、それは。では続いて2本目のポットベリーシェイプのギターのほうにお話を移らせていただきたいのですが、こちらをオーダーされたきっかけは、どういった所ですか?」

鈴「そうですね。一本目が完成してきてから、漠然と一本目とは対照的なギターがあったらいいな〜と思っていたんです。それで、軽く見積もりをお願いしてみました。対照的な物となると真っ先に頭に浮かんだのが、LPだったんです。LPのサウンドは元々好きだったっでのですが、いざ自分で弾いてみると音抜けの面でイマイチかなーと個人的には思っていたんです。それならLPより一回り小ぶりなポットベリーでLP系のサウンドを持たせつつ、音抜けの良いギターにしようと思いました。あとは勢いもありますね(笑)」

S 「(笑)こだわりのポイントはどういった所でしょうか?」

鈴「まず、この手のギターなんでトップ材のハードメイプルは重要ですよね。ソフトメイプルのバリトラではなく、ハードメイプルなのがポイントですね。バック材はもちろん目の詰まった軽量なホンジュラスマホガニーです。それから、よりチューニングの安定性を考えてナットからペグまでストレートになるように設計されたオリジナルヘッドを採用しました。ブリッジにはフィッシュマンのピエゾ付きT・O・Mタイプが乗ってます。本来ピエゾを使用すると、バッテリーが必要だと思うのですが、このブリッジはバッテリーが必要ないとの事だったので実験的に採用してみることにしました。PUはギブソンの57クラシックです。音抜けを重視した結果、これに落ち着きました。」

S 「なるほど。完成してみていかがでしたか?」

鈴「正に一本目とは対照的に仕上がりましたね。太い音なのに、音抜けがバツグンだったのは本当にビックリしました!!クリーンでは暴れすぎず、歪ませると音の芯は然りしっかりしつつ、クリアに出力されるので弾いていて本当に気持ちが良いです!!」

S 「有難うございます。鈴木さんはギタークラフトアカデミーで実際にギターを製作されている訳ですが、そういった立場の方から見てオーダーギターはいかがでしたか?」

鈴「自分で製作しているからこそオーダーギターのクオリティの高さ、仕事の丁寧さが良く分かりましたね。オーダーするにあたって、自分の製作するギターの参考になれば良いなと思っていたのですが、逆にヘコまされてしまいました(笑)本当に凄いと思いますよ。」

S 「有難うございます。それでは今、オーダーメイドをお考えの方にメッセージをお願いいたします。」

鈴「まずは一人で悩んでても仕方ないですからね。思い切って見積もりをお願いしてみるべきだと思います。見積もりしてもらう時はそんなに気張ることも無いですよ。ここのスタッフさんは分からないことがあったら丁寧に分かりやすく教えてくれますからね。それからせっかく作ってもらうんですから、妥協は絶対ナシです!!!自分が妥協してしまっては、良いものも良くならないと思いますから。あとは、やっぱり勢いも大事ですかね(笑)」

S 「人間、勢いは大事ですよね(笑)本日は長い間お付き合いいただき、有難うございました。今後ともよろしくお願いします!!」

鈴「有難うございました!!」