さて第二回目です!!はりきって行きましょう!!
今回はベーシストの登場です。スポルテッドメイプルを使用した贅沢な一本ですね。それでは早速行きましょう〜!!


スタッフ(以下 ス):こんにちは。ご協力いただきありがとうございます。これから色々とお話をお聞きしたいと思っていますので、よろしくお願いします。
富樫さん(以下 富):よろしくお願いします。

ス:それでは早速お聞きしますが、オーダーでベースを注文したきっかけは何ですか?
富:元々既製品の中で「これだ!」と言う一本が無くて、どうしたものかと思っていたんです。それならオーダーで作るしかないのかなぁ〜と思い、試しに見積もりをしてみたらその気になっちゃいまして(笑)。まぁ、見積もった内容と理想が一致したのでオーダーを注文しました。

ス:フムフム・・・一目見て凄そうなベースなのですが、こだわりのポイントはどういったところなのでしょうか?
富:まず、ルックスに関しては今まで使ってきたハイエンドベースの良いところを踏まえつつ、いかにもハイエンドベースにはしたくなかったので、スタンダードなルックスを目指しました。それから、TOP材に使用した極上のスポルテッドメイプルが見えるようにアクリルのピックガードをつけました。

ス:なるほど〜。
富:TOP材のスポルテッドメイプルには貼り方のこだわりがありまして、ESPへの挑戦で、他のメーカーではどこもやっていない、スポルテッドメイプルのドロップトップにしました(※スポルテッドメイプルは材質がもろいので、ドロップトップ工法にはあまり向いていない)。仕上がりは見事の一言でした。素晴らしい!!

ス:ありがとうございます。
富:ちなみに指板には、TOP材のスポルテッドメイプルにあわせてウェンジを使用しています。エキゾチックな木目がポイントです。それから、スペックに関しては今まで数ある5弦ベースを弾いてきた経験を踏まえて、スケールにはスーパーロングスケールを採用しています。さらに、ルックス、低音の音程感、サステインを考えてスルーネックにしました。JBタイプでスルーネックというのもありそうで無いので、こだわりポイントの一つです。

ス:ウンウン、なるほどね〜。
富:サーキットにはバルトリーニのXTCTを入れています。サーキットはESPのシナモンにするか迷ったのですが、今まで使ってきたのがXTCTだったので、扱いやすさを優先してXTCTに決定しました。それから、パッシブの音も欲しかったので、on-offスイッチと、パッシブトーンが付いています。

ス:出来上がったときの感想はいかがですか?
富: 見積もりの段階でのディスカッション通り!内容、ルックスもしっかり話し合って煮詰めたので、理想通りの物が出来上がってきました。音の方もヤラレタ〜!って感じです。

ス:素晴らしい!今後製作したいものはありますか?
富:そうですね、今回出来上がったべーすが素晴らしい出来だったので、ギターも自分仕様の一本を作ってみても面白そうですね。

ス:それでは、最後にこれからオーダーされる方へのメッセージをお願いします。
富:自分の理想をまつめて、出したいサウンド、ルックスを固めて、見積もりの場ではしっかり全てを伝える事!人任せでは、自分が思っていることは相手に伝わりません。言った事、伝えた事は形、音になり完成します。迷っている方たちはスタッフとしっかり相談してみて、自分の理想の一本を作ってみるのがいいと思います。

ス:素晴らしいメッセージをありがとうございます。今日はお忙しいところご協力いただきありがとうございました。
富:ありがとうございました。