記念すべき第一回目は、国産マニアの鈴木さんです!!

スタッフ(以下 ス):こんにちは。記念すべき第一回目ということで、よろしくお願いします。
鈴木さん(以下 鈴):よろしくお願いします。

ス:それでは早速お聞きしますが、そもそもオーダーしようと思ったきっかけは何だったのですか?
鈴:市販のギターもたくさん所有してるんですけど、木材に拘ったら市販品では納得いかなくなってしまったですよね。で、そんな事を軽く店長の榊原さんに話したらとんでもない材を入荷してくれたんですよ。もう、その材を見た瞬間にこれはオーダーしかないな、と(笑)。作っちゃいますか、みたいな(笑)。

ス:LPタイプにしてもFVタイプにしても本当に凄いですもんね〜。?特にこだわったところと言うとやっぱり木材?
鈴:そうですね。とにかく木材です。これに尽きますね。木質のしっかりした、軽いホンデュラスマホガニーと、派手だけど決して嫌味にならないフィギュアドメイプル。それに指板材も。もうどれも最高です。あとはオリジナルの塗装かな。カッパーヘッドって言う、某メーカーに存在するカラーなんですよ。実際に工房の人と話し合って、あ〜でもない、こ〜でもない、と。で、工房の人のアドバイスで、染料バージョンで着色してもらいました。実際に塗ってちょっと物足りなかったので、軽く赤でバーストしてあります。他には指板のアバロンインレイ、1959LPに忠実なネックグリップ、ボリュート部分に入れてあるアバロンのESP○ロゴ、それに杢目を最大限生かすアクリルピックガードです。

ス:いやぁ〜かなりいろいろこだわってますね。
鈴:LPのほうはヘッドに入れてある鳳凰のインレイもある方にデザインしてもらって。でも使用している白蝶貝って大きいのがないらしく、いろいろ試行錯誤してもらって。ま、センターにラインが出ちゃったりしてますけどね(笑)

ス:FVの方は他に何かありますか?
鈴:これはね、ヘッドに特注で無理言って作ってもらったESPロゴが入ってるんですよ。今はもう出来ないそうなんですけど、このロゴのおかげでかなりルックス的に引き締まりました。ちゃんと金メッキ風になってますしね。

ス:出来上がったときの感想はいかがですか?
鈴:高そうなギターだなぁ〜って。実際にそれなりでしたからね、やっぱり(笑)。でも、自分の理想としたものが出来上がったので、見た瞬間は本当に大満足でした。友達には色がエロいだとか、いろいろ言われてますけど(笑)。音も最高なんですよ。やっぱり木材にこだわったのは正解だったと思いますね。自分の中で最高の一本です。

ス:それでは、最後にこれからオーダーされる方へのメッセージをお願いします。
鈴:とにかく、一度お店に行って相談するのがいいと思います。自分ひとりで迷っててもしょうがないですからね。お店のスタッフも凄い相談に乗ってくれますし。それに、ここまで自分でいろいろ木材を選べるのってESPだけだと思います。

ス:本日はお忙しい中、ご協力いただきありがとうございました。
鈴:ありがとうございました。