木工加工

WOOD WORKS

木工加工

ESPでは様々な木工加工が対応可能です。
トラディショナルな工法から、複雑な造形まで熟練の職人が対応致します。

ボディ構造

ジョイント方式により大きくサウンド傾向が変わります。また、弾き心地等への影響も加味することが必要なポイントです。

ボルトオン

ボルトオン

ボディ・ネックを全く別に仕上げ、ネジによって接合するタイプです。完成後の修理や改造が容易で、ボディ弦高セッティングの微調整が可能なのは、この構造だけです。

ボルトオン対応

セットネック

セットネック

ボディ・ネックをそれぞれ加工してからジョイント部を接着するタイプです。楽器の歴史として、バイオリン、アコースティックギターにも通じる伝統的な構造です。暖かみのある音とサスティーンを特長とします。

セットネック対応

スルーネック

スルーネック

ボディの芯となる角材からネックを削りだし、ボディは両サイドに別の材を貼って削り出すタイプです。手間もコストもかかりますが、最高の弾きやすさとサスティーンを求めるのであれば、スルーネックがベストです。ソリッドタイプのギター・ベースとしての理想の構造といえるでしょう。

スルーネック対応

スケール

ナットからブリッジスケールラインまでの長さを指します。選択することでお好みのテンションとサウンドをプロデュースできます。

GUITAR

610mm Short Scale
624mm Vintage Midium Scale
628mm Midium Scale
648mm Long Scale
666mm Extra Long Scale
686mm Super Long Scale

BASS

762mm Short Scale
815mm Midium Scale
864mm Long Scale
889mm Super Long Scale

弦は長くなると音程感が良くなりますが、同時にテンションも強くなります。 短くなるとテンションが柔らかくなりますが、やや音程が不安定になりがちです。

ヘッド構造

ヘッド角度の設定でテンションやサウンドの張りが変わります。チューニングや強度も検討したチョイスが必要な項目です。

角度無し(平板タイプ)

角度無し(平板タイプ)

段付きネックとも呼ばれるスタイルで、メイプル材を使用することで抜群の強度を誇ります。このタイプの場合、テンションピンやテンションバーが必要になってきます。

角度付き

角度付き

基本は14度ですが、10度~17度まで対応できます。角度が小さいほどサステインが長く、テンションは低くなり、大きくなるほどアタックが強く、テンションは高くなります。

ESP CTシステム

ESP CTシステム

段付きで更に角度を付けたヘッドです。平板タイプよりも加工工程が複雑になりますが、シュパーゼルやGOTOH H.A.Pペグ等との併用により、リテイナーなしで適正なテンションを得ることが出来ます。

ナット幅

ナットの幅は手になじむネックを作る上で非常に大切なポイントです。基本寸法の他、多弦のサイズ設定も可能です。 素材も各種用意できます。

ナット幅

一般的なサイズ

6弦ギター : 42mm、 7弦ギター : 48mm、 Jベース : 38mm、 Pベース : 42mm、 5弦ベース : 45mm~、 お好みに応じて幅の設定ができます。

幅は狭い方がコンパクトに握りやすいネックになりますが、狭すぎると弦を押さえるときに指が収まりづらくなるとも言えます。

ギターでは40 - 46mm、ベースでは38 - 46mmの範囲をお勧めします。

多弦ギター・ベースは必要に応じて幅を広げることになります。

ナット素材

音への影響は開放弦だけではありません。機能や強度で選ぶ要素が多い部材です。

グリップシェイプ

お好みのグリップ感で、厚み、形状ともに指定可能です。サンプルとしてご自身のギターのお持ち込みも可能です。

指板アール

ヴィンテージスタイルのきつめのR。握り込みやすいが、チョーキングプレイでは構造上音切れしやすい。

170R

170R

数字は、ある一点からの距離の表示で、数字が大きいほど丸みは弱くなります。

240R

240R

数字は、ある一点からの距離の表示で、数字が大きいほど丸みは弱くなります。

305R

305R

数字は、ある一点からの距離の表示で、数字が大きいほど丸みは弱くなります。

320R

320R

数字は、ある一点からの距離の表示で、数字が大きいほど丸みは弱くなります。

400R

400R

握り込むスタイルには向いてないがチョーキング時の音切れは少なく、低い弦高設定が可能。

フレット

フレットサイズも弾き心地に大きく影響する大事なファクターです。ESPではジェスカーフレットを標準で採用しています。

FW 55090
FW 55090
FW 47104
FW 47104
FW 50078
FW 50078
FW 43080<
FW 43080
FW 57110
FW 57110
FW 58118
FW 58118

フレット数で一般的なのはギターで21,22,24、ベースで20,21,24ですが、さらに増やすことも可能です。フレットの種類は7種類用意されています。フレットが高い方が軽いタッチで押弦でき、チョーキングも楽ですが、フィンがリングには慣れが必要です。幅の狭いものは音程感が良く、立ち上がりも良好です。幅の広いものはフィンガリングのスムース感が高いと言えます。

フレットレス
スキャロップ

ポジションマーク

ポジションマークはオリジナルデザインも対応可能です。塗装指板にインレタや塗装でマークを入れることも出来ます。

ドットポジションマーク

ドットポジションマーク

ブロックポジションマーク

ブロックポジションマーク

フラッグ

フラッグ

ダブルストライブ

ダブルストライブ

オリジナルデザイン

オリジナルデザイン

ルミンレイ

ルミンレイ

特殊な蓄光素材です。電源を必要とせずポジションマークを光らせることが出来ます。※サイズ・継受に制限があります。

LED

LED

LED素子を指板に埋め込み、抜群の視覚性とデザインのインパクトを得ることが出来ます。※サイズ・継受に制限があります。

ボディーエッジ

外周Rの違いはルックスを大きく変えますが、音質的にも大きいRはマイルドに、小さいRはエッジーになります。 バインディングも可能です。

4R

4R

8R

8R

13R

13R

バインディング

バインディング

積層バインディング

積層バインディング

その他のボディ加工

視覚的な特徴を持たせるだけでなく、材厚による音のコントロール、抱え心地などの演奏性にも大きく関わるセクションです。