企業理念 会社概要 楽器部門 エンタテインメント部門 教育部門 ワールドマップ 組織図

夢への扉を開いた人のために、出口を用意する。
それが私たちの仕事です。
みんなをハッピーにする、そんな音楽のチカラを信じて。
現代の音楽シーンの各分野で活躍する卒業生を輩出するESP EDUCATION GROUP。そして、国内外のトップ・アーティストたちに愛されているギターメーカー、ESP(ELECTRIC SOUND PRODUCTS)。これらの企業グループからなる私たちESPグループが、1993年に「新人発掘・育成からデビューまでを完全にバックアップする」という目標のもとに立ち上げたプロジェクト(アリノス企画)が、2001年10月、トライスクル エンタテインメントグループに社名変更して、トータル・エンタテインメントが誕生しました。2012年には、株式会社トライスクル エンタテインメン、株式会社トライスクルミュージック、株式会社トライスクルマネジメントの3社を合併して、そのスケールメリットを武器にケミカルに一体化しました。。業界初の、楽器+スクール+デビューの直結!という夢を実現できる環境が、ここに整ったのです。
そもそも、世の中にゼッタイ!という才能はないのだと私たちは考えています。ヒトが1000人いれば、1000の違った 才能があるのが当然なのです。それらの才能を枯らさないこと。大きく育てること。新人ミュージシャン達の個性を大切にしながら、全力で彼らを支援し、デビ ューさせていくことが私たちの仕事です。新しいデビューシステムの提案もそのひとつ。日本において、従来のデビューシステムでは、まずレコード会社なり音楽プロダクションなりにコネクションを見つけることに、多くの時間がかかってしまっていました。しかし、ESPは独自のデビューシステムにより、CDを出すまでの道のりが従来よりはるかに短かく、シンプルになりました。そのため、デビューできる確率がグ〜ンとアップ。新人ミュージシャン達は無意味な下積み生活を送ることなく、音楽三昧の生活を過ごすことができるようになりました。レコード業界を中心にした楽曲主義の時代からアーティスト主義へと変わろうとしている、 いままさに音楽業界も変化の時代です。ESPはその中にあって、新しい業界のシステムづくりに役立ちたいと考えています。17才から18才を中心にした、最もギターを買う世代や夢に向かってがんばっている学生達は、今後の私たちのエンタテインメント事業展開において、実に頼りになるマーケティング資源でもあります。あるときはヒトをハッピーにし、あるときは癒してくれる、ヒトが生きるうえでなくてはならない、音楽のために、これからもすべてのチカラを注いでいき ます。
国内エンタテインメント事業
株式会社トライスクル
ジャンルやスタイルにとらわれず、自由な発想で "エモーショナル" な音楽を表現しているアーティストを発掘し、発信。アメリカHollywoodにも拠点を持っているため、ワールドワイドな活動が可能。また、アーティストが創作している楽曲の管理とプロモーション、そして音楽や映像ソフトの販売。メジャー流通はユニバーサルミュージックと契約。ESPグループ内関連アーティストを中心に、常に広く深く国内外のシーンを見渡し、発掘、育成、そしてサポート。業界各人との交渉窓口として、音楽業界全方位での展開を行っている。
株式会社オフィス・アトー
広告代理店業務を行う。

海外エンタテインメント事業
United Television Broadcasting
1971年米国初の日本語TV放送局としてロサンゼルスに開局。1997年にESPグループ傘下となる。現在は民間では全米唯一の24時間地上波デジタル放送局として日本情報を発信。=M&Aにより買収=