記事一覧

呼太郎(UCHUSENTAI:NOIZ)

「地球の平和を守る為、遥か遠い宇宙からやって来た5人の戦士達」

UCHUSENTAI:NOIZを知っていますか?

ミクスチャーやパンク、メタルなど多種多様な音楽を取り込んだ独自のデジロックサウンドで人気のバンドです。現在も精力的に活動を行い、年間130本ほどのライブ(パトロール)もこなすUCHUSENTAI:NOIZへ2009年4月に加入したのがギタリスト(Neo Eccentric Guitar)の呼太郎です。

呼太郎について、公式サイトにはこう記されています。
「ローゼンプラネット出身のナイト。スペースポリスの資格を持ち、宇宙怪物を追う途中に戦隊と合流。アウトレンジ攻撃が得意。」
なるほど、そうなのか…スペースポリス(宇宙刑事ってこと?)なのですね…。

さて、その呼太郎もESPアーティストの一人です。

ファイル kotaro-noiz-20140824.jpg
ここ最近のライブで彼がメインで使用しているのが2005年製のHORIZONです。イメージカラーのブルーに、それも派手派手なラメでリフィニッシュされており、さらにミドルピックアップが増設されています。また、ボディ外周のホワイト部分はバインディングが巻かれているのではなく塗装で処理されています。ピックアップはすべてセイモアダンカンで、ブリッジポジションがSH-14、ミドルポジションにSSL-2 RW/RP、ネックポジションにSH-2の組み合わせになっています。

ファイル kotaro-noiz-20140824-2.jpg
大きな特徴として、ピックアップセレクターにはレバースイッチが採用されています。元々はミニトグルスイッチがついていましたが、ミドルピックアップの増設と共にレバースイッチへ交換されています。しかし、HORIZONはボディ厚の関係上そのままではレバースイッチの取り付けができません。そこで画像のようにスペーサーのようなものを別に製作し、レバースイッチを取り付けています。レバースイッチは5接点で、ハーフポジションではハムバッカーがオートコイルスプリットされます。

ファイル kotaro-noiz-20140824-3.jpg
ペグにはGOTOH製の最新機種であるMG-Tタイプを採用しています。
簡単に弦をロックできる構造で、スピーディーな弦交換が可能です。

ファイル kotaro-noiz-20140824-4.jpg
ボディの6弦側、エルボー部付近には3つの星が輝いています。

ファイル kotaro-noiz-20140824-5.jpg
こちらは以前のメインギターだったEDWARDS E-SN-150FRです。
この日はサブとしてスタンバイされていました。
ブリッジポジションのピックアップがセイモアダンカンのSH-14に交換されています。

ファイル kotaro-noiz-20140824-6.jpg
新旧の2ショットです。
この他にAXなどが使われることもあります。

ファイル kotaro-noiz-20140824-7.jpg
楽屋にて!


(2014年8月24日 柏PALOOZAにて撮影)

■UCHUSENTAI:NOIZ Official Site

タグ:HORIZON

ページ移動